« 歯原性上顎洞炎 | トップページ | ブレーキパッド »

2012年12月15日 (土)

ブレーキトラブル?

ホイールが届いてもまだ物欲の燃えかすが残っていて、タイヤとかブレーキとか42162
ネットでちらちら覗いていましたが、時間的費用的にそれどころじゃないだろうと、
必需品のディスクブレーキパッドの予備を購入することで紛らわせました。

が、この過程でパッドの種類や交換方法などの中途半端な情報を得て、
うちのMTBのブレーキはどうなっているのか、いじってしまったのがまずかった。

前輪は問題ありませんでした。パッドは十分に残っていて、輪行用アダプターも入った。
しかし後輪はこのアダプターがどんなに力を入れても最後まで入りません。
ここでパッドを一度抜いてみることに。2枚いっぺんには無理だったので1枚ずつ外します。

見るとパッド残量はほとんどない状態でしたが、スペアはまだ手元にないので元に戻します。
ネットで見たようにマイナスドライバーでピストンを下げて…。するとバキッという嫌な音が。

不安になるもパッドをセットして車輪をはめ、ブレーキレバーを何度か握ります。
その状態でホイールを回転させてみると、カカカッという甲高い金属音がする。

ぼくはこれがピストンが戻らない不良だと勘違いしてしまいました。
で、ネットの情報通りにピストンの押し戻しを何度も繰り返すも一向に改善しません。

何度目かのトライの後、金属音がひどくなり開けてみるとパッド間に挟む板バネが大きく歪んでいました。
ああ、これか!それまでも細かな歪みはあり、なおしたつもりでいましたが、
パッド残量がほとんどない状態なので、0コンマ何ミリの歪みでもローターに当っていたわけです。

今度はペンチを使って入念に補正したところ、若干摩擦音は残るものの
一応ホイールがスムースにまわるところまでは回復しました。やれやれ。

今のままでも走れますが、本格的な修復はパッドと板バネの交換待ちです。

« 歯原性上顎洞炎 | トップページ | ブレーキパッド »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52652040

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキトラブル?:

« 歯原性上顎洞炎 | トップページ | ブレーキパッド »