« 冬のあかぎれ | トップページ | 文学少女 »

2012年12月19日 (水)

希薄

今年は人間関係が希薄な年だったと言えるかもしれません。

それを顕著に表したのが忘年会の数。今年はなんとゼロでした。
誘われなくなったのか会自体が設けられなかったのかはわかりませんが
だいたい毎年最低3回は声をかけられていました。
ゼロというのは17年前に独立して以来初めてでしょう。

多摩川オフで配った以外、名刺の減りもほとんどなかった。
それだけひととも会ってないんだと思います。

一方これまでの人間関係はというと、どうも感情的になりがちで、
こちらから縁を切ってしまったり、連れ合いともひどい喧嘩がありました。

SNSではfacebookはチェックはするも基本的には放置。
twitterは反原発や反自民の流れにノンポリの自分は共感できず
かえって孤立感を深めてしまったりしています。

うーん、改めるべき点は改めるかと思う反面、
誰にも知られずに消えていくのもいいかなあなんて思ったりもしています。

« 冬のあかぎれ | トップページ | 文学少女 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52652080

この記事へのトラックバック一覧です: 希薄:

« 冬のあかぎれ | トップページ | 文学少女 »