« 自転車のデザイン | トップページ | 不思議な負け »

2012年12月22日 (土)

ディスクブレーキパッド交換

隣国、韓国から1週間かかってようやくディスクブレーキパッドが届きました。Rimg0182
早速交換作業に入ります。

現状のパッドを外してみるとフロントは5割、リアは8割の減りといったところ。
うーん、まあ無意識に右レバー=後輪を引いてしまうことは多いですが、
ダートの下りだと後輪はすぐロックしてしまい、そんなに応力はかからないはず。
ちょっと意外な減り方です。

ピストンがなかなか下がらないなか、苦労して新しいパッドを挿入します。
フロントはホイールを入れるとカチッという音がしてパッドが開きました。
おそらくキャリパー側の金物にセットされる音かと。

しかし後輪はこうはならず、パッドがローターに擦ったままで、
ブレーキのポンピングを繰り返す段にて前にもあったような
バキッという嫌な音がしてパッドが開きました。大丈夫か?

新しいパッドに替えても、リアのレバーの方が相変わらず遊びが大きいし、
うーん、なんか製品不良な予感。もともと安物ですし。
パッドの減りが多かったのもそのせいではないか。

とりあえずは試乗して当たりを出して様子を見てみようと思います。

写真は左がフロント、右がリアの現状のパッドです。
質感はレジンではなくメタルっぽい。

« 自転車のデザイン | トップページ | 不思議な負け »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52652130

この記事へのトラックバック一覧です: ディスクブレーキパッド交換:

« 自転車のデザイン | トップページ | 不思議な負け »