« 金比羅尾根 | トップページ | 便利さの代償 »

2012年12月28日 (金)

続・悪口

前にも少し書きましたが、ぼくは悪口の類いは好きではなく、自ら率先して口にすることはありません。
悪口をよく口にするひととはなかなかうまくやっていけなかったりもします。
案外これがぼくの人間関係のキモになっているのかもしれません。

悪口は大きく2種類あるように思います。

ひとつは陰口タイプ。
特定の人をおとしめることで自らの立ち位置を示し、共感を得ようとするひと。

もうひとつは糾弾タイプ。
清廉潔白を旨とし、自らは正しく、その規範から外れた人間を非難するひと。

ぼくがまだ雇われの身だった頃は陰口を言ってくれて救われることもありました。
でも今はいわばフリーなのでその必要性もなくなっています。
後者に関して言えば、ぼくは正しいといわれることには常に疑念を抱いているので。

また、前者はいじめに、後者は全体主義につながる危険があるようにも思います。

« 金比羅尾根 | トップページ | 便利さの代償 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52652238

この記事へのトラックバック一覧です: 続・悪口:

« 金比羅尾根 | トップページ | 便利さの代償 »