« わかる、ということ | トップページ | レフェルヴェソンス »

2013年1月21日 (月)

2013ハンドメイドバイシクル展

年に一回のオーダー車の祭典。昨日の午前に行ってきました。Rimg0044

10時半頃着きましたが、既にひとでいっぱいでした。
みんな日本版NAHBSみたいになることを期待しているのかな。
まだ高齢者、障害者用自転車を引きずっているあたり、難しそうですが。

今回の出展は26社。
常連に混じってストリート系のビルダーにも声をかけているあたりは好感持てました。
またパーツメーカーも参入していて、展示の多様化も良い方向だと思います。

興味を持った自転車、ビルダーは以下のあたり。
・細山製作所
 めずらしくブラウン-オレンジ系の落ち着いた色調のピスト。
・絹自転車製作所
 以前のものと違ったパターンの分割式トラス型フレーム。
・ナガサワレーシングサイクル
 シンプルなピストと思いきやリアにカンビオコルサを積んでいる。(写真)
・サイクル&カヌー アマンダスポーツ
 初期の頃のカーボン試作車。ディテールがきれいにまとまっている。
・エム・マキノサイクルファクトリー
 薄いラグと粗い塗装が一体化したような工芸品的仕上げ。
・今野製作所
 父上がつくったトップチューブ-ステム一体化作品を子息がオマージュ。
・ウェルドワン
 豪快な溶接作業による29erMTBチタンフレーム。迫力あり。
・Sunrise cycles
 ストリートカルチャー的650BMTBとプロムナード車。アーティストとのコラボによるペイント。

会場では知人お二人とご挨拶。
ミニベロで行きましたが、皇居周りはランナーだらけで走りづらくてたまらん。

« わかる、ということ | トップページ | レフェルヴェソンス »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52652721

この記事へのトラックバック一覧です: 2013ハンドメイドバイシクル展:

« わかる、ということ | トップページ | レフェルヴェソンス »