« 急行停車駅 | トップページ | 東京の真ん中 »

2013年2月26日 (火)

急行停車駅2

昨日の続きです。

現横浜市青葉区近辺には鶴見川と恩田川が流れていて、その周辺は一面の田んぼ。
田園都市線の駅だと市ケ尾と田奈の近辺。
それ以外は急峻な斜面の林でした。いわゆる里山です。

たまプラーザのあたりは高台が続くので開発しやすかったと思いますが、
青葉台のあたりはそれこそ山だらけで、造成するのにものすごい手間がかかっています。

一例として、ぼくが通った中学校は山頂部分に1975年頃、つくられましたが、
グラウンドの平地をとるために山を大きく切り通してしまいました。
それまで山の上が通学路だったのでかなりびっくりした出来事です。

駅前の3棟の高層アパートも田園都市線開通後に建設されたもので、
それ以前には線路の高架下に東急ストアが入っていたのを覚えています。

そんな青葉台をなぜ急行停車駅にしたのか。
もう、用地取得費用が安かったとくらいしか理由を見つけることができません。
ただ小学校の隣に内井昭蔵さんによる桜台コートビレッジがあったので
実験都市的な位置づけがあったのかもしれません。

« 急行停車駅 | トップページ | 東京の真ん中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52653307

この記事へのトラックバック一覧です: 急行停車駅2:

« 急行停車駅 | トップページ | 東京の真ん中 »