« パンプトラックでスキルトレーニング | トップページ | 急行停車駅2 »

2013年2月25日 (月)

急行停車駅

これについてはkさんが詳しそうですが、個人的に感じたことを。

近年の鉄道ダイヤの傾向としては、急行運転の増設があげられると思います。
首都圏で最初に手をつけたのがJRで、それが湘南新宿ライン。
田園都市線の地下区間に快速運転が導入され、
しばらくしてから東横線に特急が、小田急線に快速急行が新設されました。

もともとは鉄道会社が開発した沿線住民のための路線が、
住民数が安定し、各社が郊外からのアクセスのよさを競うようになり、
トータルでかかる時間を削るようになったのだと思います。

しかし開業当時の急行停車駅というのはどういった基準で決められたのだろうか。
田園都市線で言えば、たまプラーザとか青葉台とか。
ともに、もとからさしたる街があったわけではありません。
東急が意図的に優先開発を進めたわけですが、
地勢的に見ると主要な南北方向の道路は市ケ尾近辺を通っているので不思議です。

小田急の向ケ丘遊園とか東横線の学芸大学とかもなぜ急行が停まったのでしょう。
前者は理由を聞いたような覚えはあるのですが、忘れてしまいました。

« パンプトラックでスキルトレーニング | トップページ | 急行停車駅2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52653301

この記事へのトラックバック一覧です: 急行停車駅:

« パンプトラックでスキルトレーニング | トップページ | 急行停車駅2 »