« 木材会館 | トップページ | 超高層住宅 »

2013年2月 8日 (金)

荒野好き

リチャード・ロングという美術家がいます。Long

彼の作品は、ただひたすら世界各地の荒野を歩いて、場所を決め、
周囲の石や木枝などを集めて円形もしくは直線状に並べることで作品とし、
写真を撮って、歩いて立ち去る。作品は誰の目にも触れられることなく風化していく。
間や諸行無常を地でいくような作品は日本的な感じを受けます。

ぼくはその作品はもちろん、製作過程にも強いあこがれを感じます。
荒野の単独行。近くに人家などないでしょうから、一種の冒険です。

いいなあ。ぼくはひとりでいることは不安でも寂しくもありません。
単独行はアクシデントがあると命が脅かされますが、
そうなったら潔く死を受け入れてしまうような気がしています。

« 木材会館 | トップページ | 超高層住宅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52653044

この記事へのトラックバック一覧です: 荒野好き:

« 木材会館 | トップページ | 超高層住宅 »