« 東京五輪誘致 | トップページ | HOUSE VISION 2013 東京展 »

2013年3月 6日 (水)

GA JAPAN121アンケート

発売中のGA JAPAN 121の特集 「日本の現代建築が失ったもの」で、51uqenhyoul
16組の建築家に緊急アンケートを行っています。

うちにはまわってきませんでしたが、twitterで「アンケートの質問、
皆さんはどのように考えられているのでしょうか?興味があります」
と書かれていたので、考えてみました。

が、まともに答えるとなると140字ではとてもおさまらない。
ぼくのぶっきらぼうな答えでもぎりぎりな感じでした。
以下、その内容です。

Q1:今、現代建築に求められるものは何だと思いますか?
(例えば、機能、感性、空間や建築の存在意義、等々):新たなる秩序。

Q2:日本の現代建築には、かつて日本の建築が持っていた大切なエッセンスを
失った部分があるように思います。そのような失われたエッセンスについて、
どのように考えられますか。:自然との共生。都市部においては既に困難。

Q3-1:1970年代頃までの建築は、理念的なテーマを日本国内だけでなく、
世界のリーディング・アーキテクトから地域で活動している建築家まで、
ある程度共有していたと思います。今、ご自身の設計活動において、
そのような拠り所があるでしょうか?
:ない。各国の状況に応じて個々人が問題設定するほかない。

Q3-2:また、今、日本の現代建築がより良いものになっていくために、
モダニズムのような共有可能なテーマが必要でしょうか。Yes、No、
いずれにしても、その理由や、これからの実践やテーマを追求する上で
どのようなことを考えられているでしょうか。
:良い建築は理念でなく個人の力量にてつくられる。
共有できるテーマがあるとすれば、
大小さまざまな場面でのコミュニティの距離感など。

« 東京五輪誘致 | トップページ | HOUSE VISION 2013 東京展 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52655740

この記事へのトラックバック一覧です: GA JAPAN121アンケート:

« 東京五輪誘致 | トップページ | HOUSE VISION 2013 東京展 »