« ゆるキャラ切手セット発売会見 | トップページ | 豊田往復 »

2013年3月17日 (日)

湯久保尾根

2011年12月24日に行ったコースの再訪。Rimg0048
朝、ふと思いついて決行したのですが、全く何もしていない状態からの準備に手間取って、
スタートは前回の1時間半遅れとなりました。

9:40武蔵五日市駅出発
ループしないのであれば、奥多摩駅発の方がアクセスはいいようです。
半袖ジャージ、アームウォーマ、ゴアテックスでしたが朝晩は冷えました。

10:20神戸園キャンプ場、10分休憩
前回と同じく最後の自販機の場所で休憩。
この前のライドから左ペダルかクランクから異音がするのですが原因不明。

鋸山林道は蛇行するような激坂はないのですが長く、なかなか標高を稼げません。
途中、遥か遠くにガードレールが見えるのですが、これは峠直前のパート。

ステムを替えての初ライドでしたが、上体が起きて呼吸はしやすくなった一方、
体重を預けるようなペダリングはしづらくなりました。

11:45大ダワ、10分休憩
奥多摩方面からローディのグループが上ってきました。
ここから2山越えて、3つめが鞘口山。担ぎが主体でここまでがきついです。
途中、担ぎでも困難な難所あり。林のなかで動物の走る音を聞く。

12:30鞘口山、5分休憩
ここからは幾分か開けた雰囲気になり、時折ご褒美のように乗車箇所あり。
乗車箇所は御前山近くに多く、精神的に随分助けられました。

13:30湯久保尾根分岐直下、昼食休憩25分
2時には尾根下りを始めたかったので、前回行った御前山は今回はパス。
開けた場所があったので、火器を出しお湯を沸かしてカップラーメンをすすります。

14:05湯久保尾根分岐
ここまで上ると、地面にわずかに雪が残っていました。
尾根道に入ると路面はふかふかの泥。前輪をとられて難儀します。
この最初の1/4くらいのパートに限ると根も多く乗車率は落ちます。
29erであればクリアできそうなところは多いですが。

14:30湯久保山、30mの上り返し
泥のパートを過ぎればほぼ100%乗車できますが、この唯一の上り返しは押し。

14:50ミスコース発覚、112mの上り返し
標識を見落として、湯久保方面に下ってしまいました。
そのまま降りることもできますが、時間があったので引き返します。
が、これがよく下ったなあと思う急坂のつづら折れ。きつかったです。

15:10正規コースに復帰
両側が切り立った尾根道が気持ちいいです。つづら折れもなんとか乗車可。
前回ビビった岩のパートはやはり正規ルートであっている模様。
下りは概して急坂なので、カンチブレーキだとかなり辛そう。

15:40宮ヶ谷戸、湯久保尾根走破、15分休憩
疲労困憊しました。上りより疲れたかも。
前回同様、車体のチェック。下りでは常に枯れ枝が車輪などに絡み付きます。
五日市方面ではいちばん荒れている尾根かもしれません。

16:45武蔵五日市駅着
途中、コンビニでの補給を入れて、明るいうちに駅着。
久々の本格的な上り、担ぎは結構しんどかった。このコースは眺望がないのが難。

・獲得標高差:1473m
・最高標高:1334m
・走行距離:43.6km

« ゆるキャラ切手セット発売会見 | トップページ | 豊田往復 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52655956

この記事へのトラックバック一覧です: 湯久保尾根:

« ゆるキャラ切手セット発売会見 | トップページ | 豊田往復 »