« ヘルメット顛末 | トップページ | チューブラー交換 »

2013年4月 9日 (火)

ハンドルバーカット

先日の三ツ峠の下りのガレ場で手に負えなくなった685ミリ幅のハンドルバー。Rimg0185
パイプカッターを購入し、650ミリにまで縮めました。

パイプカッターはダイソーで400円で売っているとのことでしたが、下北沢にはなく
新宿のハンズで購入しました。パイプ系22ミリまで対応というからぎりぎり。1180円。

この小さな工具でバーを挿み、少しずつ歯を出しながら何回も回転させます。
10分もかからなかったかな。慣れれば5分くらいでもできそう。仕上げにバリ取りして終了。

果たして短くなったバーは、やはり自然とグリップ根元を持ってしまいます。
それでも指3本がブレーキレバーにかかるようになったので進歩ですが。

固定車のハンドル幅は450ミリだし、ドロップの上ハンなど実質400ミリ前後と
幅が狭い分には問題ないのですけどね。ダンシングはしづらいですが。

一方、幅広く握った時のいざという時の頼りがいというか安定感は健在でした。

いいのではないかな。今の長さが双方のバランスがよくとれていると思います。
ハンドルの切れ端を見ると、ほんとにちょこっとしか切っていないんですけどね。

« ヘルメット顛末 | トップページ | チューブラー交換 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52664767

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルバーカット:

« ヘルメット顛末 | トップページ | チューブラー交換 »