« キリンたちのオペレッタ+レ・ランデヴー・ド・トキオ | トップページ | 自分なら »

2013年5月 2日 (木)

ガーデン・アンド・ハウス

SANAAの片割れ、西沢立衛氏による都心の極小住宅。Rimg0076_1
去年の2月には竣工していましたが、なぜか国内の紙媒体には載らず、
今回a+uの西沢立衛特集とGAの妹島和世+西沢立衛読本-2013にて
ようやく発表されました。

敷地は都心のこんなところに?というほど細い路地を入り、
建物全体がセットバックしているのでさらに奥まったところ。
周りをビルに囲まれているので日当りは悪くじめっとしています。

建物は5層分の床スラブと太い柱3本によるいわゆるドミノ構造。
構造体はコンクリート打ち放しとしてそのまま露出されています。
昔、東南アジアで見た未完のバラック建築を思い出しました。
建物というより構造体。いわゆる建築としてのオーラはない。

各階は植木鉢のグリーンであふれています。植物の方が主役になっていて
住宅というより立体植木鉢置き場のインスタレーションといったところ。
極小の内部空間はガラスで仕切られていますがカーテンで囲われていて、
外からは何がどうなっているのか把握できません。

おそらく建築家は建物の高い部分は道路からの目線が見切れるので
オープンにしても大丈夫だと踏んだのでしょう。
しかし実際の住まい方は閉じていて、ちぐはぐでうまくいっていません。

余談ですが道路に面する部分はバルコニーで、心もとない手摺があるだけ。
それすらないところもあります。5層もあると高度感があってこれは怖い。

« キリンたちのオペレッタ+レ・ランデヴー・ド・トキオ | トップページ | 自分なら »

建築」カテゴリの記事

コメント

OK!thank you!

Sorry I can not tell you about it.
Cause it is a private house.

hello,
i like this building,can you tell me where is it?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52666964

この記事へのトラックバック一覧です: ガーデン・アンド・ハウス:

« キリンたちのオペレッタ+レ・ランデヴー・ド・トキオ | トップページ | 自分なら »