« 東京都民の平均年収 | トップページ | 緊張感 »

2013年5月22日 (水)

SAKURA

マウントフジアーキテクツスタジオによる住宅。2007年竣工。Rimg0188_1

基本は最近つとに増えている外周部に開口を持たない、モダニズム風豪邸。
その重々しさや拒絶感を外壁に模様を配することによって軽減しています。

パターンのある部分の外壁は鉄板で、パンチングすることで花模様を描いています。
従来のパンチングは透けて見える光を目的としているのに対し、これはあくまで飾り。

それにしては手間やお金のかけ過ぎという反応はあるでしょうが、
もとが豪邸だけにおそらくコスト的には問題なく、
パンチングの範囲も外周の1/4程度なので手間もさほどはかかっていません。

結果キュートなイメージが付与され、おおむね成功した事例といえるでしょう。
危惧された経年劣化もさほどではなく、むしろプレーンな外壁の方がやつれています。

それにしても「目黒区」の「都内でも有数の地価の高いエリア」という言葉には騙されました。
昨日は三田や下目黒の辺りを中心に捜しまわっていて、結果的に全く見当違いでした。
結局はGoogle Mapでしらみつぶして場所特定した次第。

« 東京都民の平均年収 | トップページ | 緊張感 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52667176

この記事へのトラックバック一覧です: SAKURA:

« 東京都民の平均年収 | トップページ | 緊張感 »