« 京都旅行2日め | トップページ | 幾つ遺せば満足か »

2013年6月27日 (木)

京都旅行3日め

3日めは行程に余裕があるため8時半頃の遅いチェックアウト。Rimg0228

しかしこの日はあいにく朝から雨。
とりあえず京都駅のコインロッカーにキャリーバックを預けたあと、バスで西芳寺方面へ。

西芳寺は別名苔寺といわれる世界遺産です。連れ合いのたっての希望で、
事前に往復はがきで拝観の申込を済ませていました。
ぼくは桂離宮を見たかったのですが、こちらは募集開始と同時に定員に達する人気で断念。

西芳寺までは嵐山経由で50分ほどかかります。ただ運賃は安く270円。
13時という指定をされたので、それまで付近の寺院をまわって時間調整をします。

まずは竹の寺こと地蔵院へ。なんでも細川元首相とゆかりがあるらしい。
照明もない暗い座敷から見る雨の庭園は奇麗でした、が、それだけ。
500円でお茶菓子を食べられるとのことですが、もう拝観料で500円払っているし。

で、とっとと退散し次、鈴虫寺こと華厳寺へ。ここは茶菓子付きで500円。
しかも面白い説法を聞くことができます。まあお札、お守りのセールスなんですが。
1回めを聴いたのが途中からだったので、2回めも聴きました。
お話しされるのは別の方で、内容も微妙に違っていました。
2回目もちゃっかり茶菓子は頂きました。

鈴虫の鳴き声は部屋中に響いていましたが、正面のガラスケースのなかに
数千匹の鈴虫を飼っていて、室温調整をして1年中鳴かすことに成功したとのことです。すごいな。

庭園を見て回ってまだちょっと時間があったので、バス停前の茶店でぜんざいを頼みました。
内装はちょっとあれでしたが、意外とちゃんとしたものが出てきました。美味なり。

ようやく13時になり苔寺こと西芳寺の鉄の門が開きました。
が、すごい数の観光客でした。100人くらいいたのかな?
拝観料はなんと3000円です。すごいですね。

参拝者は本殿にずらりと並べられた机と座布団に通されます。
あぐらをかくスペースもないくらいぎちぎち。
そこでまずはお坊さんに合わせて般若心経を3回音読させられます。
紙に読みはふってあるのですが、速いので追いつくだけでも大変。

その後、読んだ般若心経の写経が待っています。
半紙に薄く印刷された字を筆でなぞればいいだけなのですが、
総文字数、なんと278文字!これはもうお坊さんがする修行ですね。
まあ一応、お願いごとも書くようにはなっているのですが。

で、ようやく苔むす庭園にご案内。苔にとっては雨は好条件。
が、どうしたことかあまり感情を揺さぶられません。
うーん、屋久島でもののけ姫の森とか見たことあるからかなあ。
写真の撮りかたもまた意外と難しかった。

この旅の最後の締めは錦市場にしました。
京の台所と呼ばれるアーケード街で鮮魚などが並びますが、
なかにはちょっとつまめるお菓子屋さんなどがあります。

ぼくらはおはぎ豆フ、豆乳ドーナツ、葛餅、じゃがポックルを練り物で包んだものなどを食べました。
どれも安くて美味しかったです。

« 京都旅行2日め | トップページ | 幾つ遺せば満足か »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52667681

この記事へのトラックバック一覧です: 京都旅行3日め:

« 京都旅行2日め | トップページ | 幾つ遺せば満足か »