« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

ブログ移転完了

思っていたよりも作業が進み、明日より当ブログが正式なものとして発足します。
ただ、皆様の貴重なコメントまでは引き継げなかった件、お詫び申し上げます。

この間、ずっと過去記事のコピペ作業を繰り返していて、
果たしてこんな駄文を存続させる意味があるのだろうかと何度も思いましたが、
継続は力なり、なる言葉を信じて今後も続けていく所存です。

今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

過去記事(コメント付き)

2013年7月30日 (火)

HPいじり

連れ合いのiPhoneでこのサイトのトップを開いても、
flashを使ったスライドはやはり再現されません。

NAVIEW-SLIDEというフリーソフトを使っているのですが、
代替画像を置こうとするも、これのかわりにこれ、の
最初のこれ、がどうしても定義できずに挫折。

ついでにプロバイダ乗り換えを視点に入れてトップページの簡略化。
LINKは廃止しました。ブログは別タブで開くようにしています。

ブログの方は今日でバックアップ作業を完了予定。
明日から新しいブログの方に移行していきます。

スタバでの作業も今日でおしまい。
やってみて、ノートパソコンというのはそんなに頻繁に持ち出すのもではない。
本体に衝撃を与えるのが怖いし、マクドナルドではさすがに開く気になれない。

使うとしたら仕事での移動中とかでしょうか。
宿泊先には結構PCは置いてあることが多く、不便はなかったりします。

2013年7月29日 (月)

Red Bull Pump Jam

横浜で行われたRed Bull Pump Jamという競技を見に行って来ました。Rimg0116_1

チェーンを外したMTBやBMXでベニヤで作られたパンプトラックを走り
順位を決めるというもの。予選はタイムトライアル。
決勝はトーナメント式で対角線上からスタートする個人追い抜き式4周。

場所はぞうの鼻パーク。ぼくは急遽、決勝から見に行きました。
決勝に進んだのは32名で2回戦の途中まで見ました。
DJが盛り上げていましたが、Red Bull主催な割には地味な競技。(笑)

ちょこまか走るBMXが有利かと思いきや、慣性力の大きいMTBも結構強い。
それにしてもみんな速度が殆ど落ちないのはすごい。
プッシュ&プルだけですが、かなりの体力を使っているのではないかと想います。

さて、今回のアプローチは東横線で地下に移動してからは初でしたがホームが狭い!
その上、何あの邪魔臭いベンチは。

井の頭線からの誘導も屋根のないところを歩かせたり下りエスカレータがなかったり
なんとも不親切です。ヒカリエ経由じゃダメなのかな。

2013年7月28日 (日)

携帯をデコる

ぼくの携帯はauのPT003のホワイト。Rimg0113
最廉価のガラケーですが、至ってシンプルなデザインは
プロポーションもよく、気に入ってはいます。

ただ、どうしても機械として見てしまって持ち歩く気にならない。
そこで今回、軽くデコることにしました。

今や携帯はスマホのケース全盛の時代ですが、
表参道の東急プラザにあるhands beにはまだかろうじて
携帯デコレーション用のグッズが置いてありました。

選んだのはシンプルなステッカー。
立体感のあるそれのモチーフはシロクマです。動物好きなもので。
貼ってみたところ、携帯のヒンジ部とシロクマが同じラメが入った白で
意外な所で統一感が生まれました。

これで少しは携帯を好きになれるかな?

2013年7月27日 (土)

魚野川再募集

来月10-11日に予定している魚野川水平歩道ツーリング。
去年散々脅されたので、何人かに同行の誘いをかけましたが今のところ反応なし。

まあぼくも募集要項で脅しすぎたかもしれません。
岩場が続くような通常の登山に比べたら当然危険度は低いですし、
どうしても自転車が邪魔ならホイールを外して往復すればいい話です。

時間が押しても切明で泊まるという選択肢もありますし、
天候が良ければ単独でも行きますが、同行してもいいよという方がいましたら是非。
ぼくは前日、特急草津31号でアクセスする予定です。

2013年7月26日 (金)

クリスチャン・ケレツ展

*「The rule of the game」クリスチャン・ケレツ展/ギャラリー間Rimg0109
 130928まで/日月祝休、0811-19休/11:00-18:00(-19:00金)/無料

「ある明確なルールに基づいて建築を規定すれば、いたって抽象的かつ
普遍的な方法で建物を思い描けるようになる」
審美的判断を避けるというその言説は、池辺陽と通じるところがあります。

が、これは眉に唾して聞いておいたほうがいい。
なぜならそのルール設定自体に審美的判断が組み込まれているのだから。

ただ、構造体の原点に立ち戻り、最小限の操作にて最大限の効果を得る
という手法には共感を覚えます。

3本の避難階段をチューブ状とし、構造体を兼ねるビル。
2本の斜めの柱の頂点を接続し、その三角形状を構造の基本として採用した高層ビル。
丘に一見ランダムに独立住戸を配し、迷宮をつくりあげた公営住宅。

どれも魅力的です。
というかコンペやプロジェクトでぼくも似たようなことをやっている。
同郷の建築家のオルジャッティよりも親近感を覚えます。

一方で、コールハース、ヘルツォーク&ド・ムーロンが切り開いてきた
パンク・アーキテクチャーの後継者がやっと見つかったとも感じています。

2013年7月25日 (木)

ブログ引越し進捗状況

インポート、エクスポートともに機能を持たない現ジオログからの
ブログ引越しは、1記事ごとのコピー・ペーストという手作業になります。

90ヶ月分あった記事は毎日スタバで作業することであと27ヶ月分となり
来月15日の回線切替に何とか間に合いそうです。

とりあえずコピーは@niftyのココログに置いていますが、
これをBIGLOBEのウェブリブログに移すかは検討中です。
ウェブリブログは画像のエクスポート機能を持たないのでココログのままにするかも。

ホームページの方はPDFの圧縮もできたのでcgiさえ正常に作動すれば
BIGLOBEの方へ問題なく移せると思います。

現ホームページとブログは画像やPDFを抜いた形で残そうかと思っていますが
更新はしなくなりますので、お手数ですがブックマークの変更をお願いします。

まだ新しいサイトのアドレスやメールアドレスはわかっていませんが、
前者はstudio-blank.com、後者はtaki@studio-blank.comから転送できるようにします。

2013年7月24日 (水)

野生動物の遭遇率

哺乳類に限るとやはり鹿がいちばん多いように思います。Rimg0155
この前のDH講習でも子鹿がトレイルを横切っていました。

高所からじっと見つめられたこともあるし、
林道を集団で横切るのを見たこともあります。
奈良の鹿は人馴れしていますがあれも一応野生という位置づけだそうです。

次は猿でしょうか。こいつらにはあまり関わらないほうがいい。
全国の観光地で食べ物を盗んだりして問題になってますね。
ぼくは登山道でちょっかいを出したら前後を塞がれ威嚇されたことがあり怖かったです。

熊には1シーズンに2度遭遇しています。
最近のツキノワグマは長野駅に出没したり、必ずしも人間を怖がりません。
熊鈴はお守り程度だと考えたほうがいいかもしれません。

かわったところでは、ニホンカモシカ。
見たことがなかったのでなんだこいつは?という感じでした。

意外と遭ってないのはイノシシ。まあ遭わないに越したことはないでしょう。

2013年7月23日 (火)

初めての通話

携帯の初めての通話はこの前の土曜日の朝。
タクシーの中からBGHに遅れる旨を伝えるためのものでした。

まず受話器を上げて…。
と、登録した連れ合いの番号が出てきます。
それ以上に進めず、番号を打つこともできない。

携帯と格闘していると連れ合いに発信しそうになったり、パニック。
信号で停まった時に運転手さんに使い方を聞くもわからないみたい。

解決方法は待ち受け画面で番号を打ち、その後に受話器を上げるというものでした。
皆さんには常識なのでしょうが、ぼくはこんな基本原理すら知りませんでした。
慣れるまでまだまだ時間がかかりそうです。

2013年7月22日 (月)

DHポジションの忘備録

・基本はペダルを水平に膝を軽く曲げてスタンディング。Dh
・ハンドルは外端を握りブレーキは1本指で操作。
・肘は張るように曲げ、顔をハンドルバーに近づける。
・コーナーでは身体はそのままで外足荷重で車体を倒しこむ。
・バンクコーナーの場合はペダル水平でもOK。
・コーナー途中までは後輪ブレーキでコントロール、後半はリリース。
・目線はコーナー出口のイン側に。

写真は自転車日和より。

2013年7月21日 (日)

富士見パノラマに行ってきた

昨年の10月に至近距離まで行きながら下らなかった富士見パノラマ。
ずっと気になっていて、今回DH講習付きで走って来ました。Rimg0098_3

参加したのはバックヤード・ガレージ・ハウスのスクール付きレンタルパック。
フリーライドバイク(ラピエールのアルミフルサス)にフルフェイスヘルメット、
ニーガード、エルボーガードをレンタル。
これにゴンドラ券1日分と、1000円分の食事券がついてきます。
保険やなんやら足して、トータル16800円でした。

講習は10:00-15:30でCコースを計3回下りました。
同行者は3名でしたが、ひとりは午前中で離脱。
講習内容はダウンヒル初心者に向いたもので、先生はDHプロライダーの金子真吾さん。

今回はアクセスからトラブル発生。スーパーあずさ1号で小淵沢乗り換えだったのですが、
何を考えたかホーム反対側の各駅列車に乗り込んでしまいました。
なにかおかしいと思った時にはドアが締まり、列車は逆方向へ進んでしまいました。

次の駅で乗り換えるかと思ったのですが一向に着かず、乗るはずだった列車とは擦れ違い。
もうこうなると時間がタイトなのでタクシーを使うしかありません。
しかし地方の3駅は遠かった。時間はぎりぎりで間に合ったものの、
料金はなんと東京から富士見までの運賃(特急料金含)よりかかりました。あーあ。

だだっと受付してなんとか10時には合流。まずは駐車場で柔軟と自己紹介。
その後、基本姿勢や体重移動、コーナーリングなど基礎を講習。
ぼくは前者はともかく、コーナーリングは苦手。
外側ペダル荷重で自転車だけを倒すのですが、恐怖感があります。

その他、自己流で身に付いているものを修正するのも大変でした。
Cコースに最初に出たときはこの癖が出てしまい、講習の内容が反映されていないと指摘されました。
例えば2本指ブレーキではなくグリップ外側を握って1本指ブレーキ。腕は外に曲げ前傾姿勢。

その後、2本目ではコーナーリング中の動作の移り方やバンクでの走り方を教示されます。
しかし前者はともかく、後者はぼくは全くダメ。恐怖心からかなあ。
講習直後のトライでは操縦不能になってコース外へ飛び出してしまいました。

今年の講習最大のヒヤリだったそうですが、飛んだ方向に障害物がなかったのが幸運。
怪我はないように思いましたが、帰宅してから左太ももが痛みました。
恐らく落車時にトップチューブに打ち付けたものだと思われます。

Cコースも3本目となると体力がついていかなくてコントロールが難しくなります。
まずブレーキレバーを握り続けるのが困難になりスピードが出てしまう。
体の柔軟性も失われ、ペダルから足がずれていってしまいます。
体力の限界でした。と、そこでちょうど講習は終了。たすかりました。

振り返ってみるとあまりうまくなった気はしませんが、基礎を知ったのは大きかった。
特にコーナリングは山サイでも試してみようと思います。
フルサスバイクの恩恵はイマイチわかりませんでしたが、HTだときついのだろうな。

おまけとして、食堂の鴨南そばは美味しかったです。土産を買って帰路は徒歩。
チケット売り場のひとは30分くらいと言っていましたが駅まで40分はかかりました。
この差は大きい。基本、駅から歩ける距離とは言えないでしょう。

思わぬタクシー代がかかったので帰路は各駅停車。4時間かかりました。
でも先週と違ってゆったりと時間を過ごし、ひぐらしの声などを聞けたのは収穫でした。

2013年7月20日 (土)

フリーソフト

今回導入したフリーソフト、ドネーションソフトは以下のとおり。
毎度お世話になります。

OpenOffice:オープンソースの MS-Office互換オフィス。
TrailRunner:.gpxファイルデータを解析。
Cyberduck:ファイル転送ソフト。
BathyScaphe:「2ちゃんねる」を劇的に見やすく使いやすくする専用ブラウザ。
Skype:手軽にインターネット通話やビデオチャットが楽しめる。
GoogleEarth:デジタル地球儀で仮想世界旅行を楽しむ。
GoogleJapanese:トレンド用語やネット用語に強い日本語入力プログラム。
Seashore:画像編集ソフト。
BaseCamp:GARMIN GPSのデータ解析。
Googlechrome:Google による高速ウェブブラウザ。
Flip4Mac:Windows Media ファイルを QuickTime Playerで再生。
Line:人気のコミュニケーションツール「LINE」の クライアント。
Silverlight:動画再生&Webアプリ表示用インターネットプラグイン。
AdobeFlashPlayer:WEBブラウザ上でFlashアニメーションを表示するためのプラグイン。
ClamXav:古参の Mac 用無料ウイルスチェッカー。
LoadMyTracks:.gpxと.kmlファイルの読み込み。
MagiCal:メニューバーに日付や時計を好みのスタイルで表示するソフト。

2013年7月19日 (金)

足爪

不覚にも足爪を切らずに夏沢峠に挑んだところ、Rimg0059_1
右足人差し指の爪が圧迫され、ライド中から違和感が出ていました。

帰宅してしばらくしても症状は変わらず爪は赤黒く変色しています。
痛みもありますが、痛痒いという感じ。

しびれを切らして、爪と皮膚の境に針をさして溜まった水を抜くも
爪の色は元に戻るも、水は次から次へと出てきます。
水は爪とその下の皮膚との間に入り込んでいるので、爪は剥がれるかも。

昨日の早朝にはこの指の痛みで起きてしまいました。
snsで報告すると、やはり病院に行ったほうがいいとのコメントが。

しかしネットで調べるとこの症状で医者に掛かると爪をはがされるらしい。
すると痛むし指先に力が入らなくなるそうな。

明日、ぼくは富士見でDH教習を受けるので、それまでは保留とし、
とりあえず指先にはきつめにバンドエイドを貼っています。

病院に行くかは週明けの様子見かな。

2013年7月18日 (木)

プロバイダ選択

auのスマートバリューで自宅固定をひかりにするのでプロバイダが変わります。

これまではYahoo!BBでHPとブログで合わせて300MBが割り当てられていて
そのうち257MBを使っていてそろそろ限界でした。
しかしauで選べるプロバイダのサーバはどこも容量が少ない。

具体的には、@nifty、@Tcom、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-netから選べます。
最初はブログを移行中の@niftyが候補でしたがHPサービスがないので却下。
複数のメルアドが必須なので@Tcom、DTIもアウト。HPが10MBしかないSo-netも除外。
すると残るはASAHIネット、au one net、BIGLOBE。

店としては当然au one netを薦めてきて1万円キャッシュバックとか提案されたのですが
HPを見る限り、片手間にサーバを貸しているという感じでサポートが弱い。
結局、HPの印象と知名度でBIGLOBEを選択しました。

しかしここで問題が。ブログはともかくHPの容量が最大100MBなのです。これ以上のプロバイダはない。
一方今のぼくのHPは99.5MBあります。ほとんどアウトといっていいでしょう。
こんなになった原因は、トップページにある住宅3例のPDFカタログのせいです。

削除してしまうか例を削っていくかしかないようです。
どこかにPDFファイルを置けるスペースがあると助かるのですが。
BIGLOBEにはアルバム機能がありますが、PDFは対応していないようです。

--
プレビューで画像を圧縮してみましたが、やはり解像度に難あり。
が、まあ仕方ないか。背に腹は変えられん。

2013年7月17日 (水)

ケータイがキタ!

月曜日は朝一10:00からauショップに詰めて携帯電話の契約&説明。Rimg0092
ぼくは新規3Gガラケー、連れ合いはiPhone5への機種変でした。
結局昼食も取らず2時過ぎまでかかって半日仕事となりました。

それから2日ほど経ちますが説明書も読み、ようやく慣れて来ました。
と言ってもまだ連れ合いにしか番号もアドレスも教えていないので実働していませんが、
とりあえず携帯番号必須のLINEはできるようになりました。

が、やはりまだどう扱っていいか戸惑っているところも大きい。
だいたいこのケータイというやつはどこまで持ち歩くものなのでしょうか?
財布と同じような位置づけなのかな。

あと、どこまで携帯番号、携帯アドレスを周知させるものなのか。
緊急連絡先になるので親には伝えようと思いますがその他は悩みます。

ガラケーなのですが、設定などをいじっているといつの間にかネット接続していたり。
上限ありの従量制なのですが、どうしても気になります。

できればほんとの緊急時以外には使いたくないんだな。
根っからのケチなもので。

というわけで初の携帯、待ち受け画面をいじっている以外は、
ワクワク感も少なく、戸惑いのほうが大きいというのが現状です。

2013年7月16日 (火)

首吊り未遂?

先日の夏沢峠行きでしらびそ小屋から稲子湯方面に下りて行くところ、Rimg0091
山奥には珍しいダートのダブルトラックを走っていると右に行き先表示が見え、
確認しようと減速したところ、不意に首にロープが絡まりました。

幸いロープがピンと張ると同時にブレーキで停車でき、落車は逃れました。
が、首にはロープが擦ってできた摩擦による傷が今もくっきりと残っています。

先ほどの看板はというと、稲子湯にはここから下るということを示すもので
確かに右方向に階段状の狭い登山道が取り付いていました。

つまり道路を横断するように張られたロープは、単に此処から先は道が違うと示すもので、
ここ以外でも登山道周辺の至るところに見かけました。
恐らく景観を考慮してそのロープの色は青緑。そのせいかぼくは気づかなかった。

道は直線で舗装が変わることもなくずっと先まで続いているのが見えました。
まさかロープ1本で通行止めとは。しかも二輪車の首の高さで張るなんて。
施工した人に悪気はなかったのだろうとは思いますが、ちょっと想像力が欠如していると思います。

2013年7月15日 (月)

夏沢峠2日め

起きたら3時半。早速着替えて1階のラウンジに行くと出発する人がいました。Rimg0081
どうやら夏沢峠から朝日を見るらしいということでぼくも後を追いました。

ヘッドランプで照らされた道を歩くこと30分。結構遠く感じました。
朝日の方は残念ながら雲の合間から漏れる光を覗く感じのものでした。

この日の朝の天気予報では茅野は9時まで晴れ、12時から雨とのことだったので
早め早めの行動に出ます。5時半からと言われていた朝食は5時には揃っていました。

出発は5時半。30分ほどで夏沢峠へ。ここからは自転車を置いて硫黄岳を登ります。
森林限界辺りまではいい景色。茅野方面や佐久方面を望むことができます。
しかしそれより上はガスがかかっている上、すごい風。地面もゴロタ石で足場も良くない。

どこか探検隊のような雰囲気のなか苦闘して頂上に立ったのは6:45頃。
一面ガスで何も見えない上、強い風で体温が奪われるので小さな小屋の影に避難します。

下りでは爆裂火口を覗き込んでみましたが、薄ぼんやりと硫黄の湧く表面が見える程度。
やれやれと平穏な峠に戻ったらもう7時半になっていました。

ここから本沢温泉方面に下ります。最初は乗れたものではありませんがそれを過ぎると
勾配も緩くMTBならば8-9割は乗れます。ただしゴロタ石が多いので決して楽ではなく
サドルを下げ、腰を思いっきり後に引いての中央突破。結構疲れました。

8:15頃本沢温泉着。自転車を置いて受付まで歩いて下りていくと、今日は混んでいて
内風呂はNG。露天風呂ならいいよという願ったりかなったりな状況。
600円でチケットを買って、露天風呂まで登り返します。

と、学生グループっぽいのが丁度出るタイミングでうだうだしてます。
構わず横で服を脱いで浴槽に浸かりました。さっきはガスっていた爆裂火口がくっきり見えます。
うーん、タイミング悪かった。けどまた来ればいいさ。

しばらくするとご夫婦のハイカーが現れたので、服を来てそそくさと退散。
なんだかんだで45分くらい滞在していました。

が、そのまま下ると10時の電車に乗れてしまう計算になります。
天気はしばらく持ちそうだということで、予定を変更してミドリ池方面へ。

この道、終盤は林のなかのフラットな気持ちのいい小径になるも、
前半は担ぎあげ担ぎ下しの連続で道も定かではなく、不安な感じもありました。
途中、足場が渡してあるところに一面奇麗な花が咲いていましたが、あれは何の花だったか。

ミドリ池には10:05頃着。しらびそ小屋でチーズケーキセットを頼みます。
この時のコーヒーが美味しかった。身体が暖かく甘いものを欲していたようです。

ここから稲子湯への途中では危うく首を吊りそうになったのはtwitterに書きました。
ここでも後日ちゃんと書いてみようと思います。

しばらくは階段状のつづら折れで乗れませんが、河川敷まで下りると乗れるようになります。
意外とこんなマイナーな道にもハイカーはいるもので、結構気を遣いました。

みどり池入口のゲートからは舗装。八峰の湯のお土産を期待して左折してやや登り返します。
果たしてもくろみ通りお土産をゲット、そのまま松原湖駅まで下りますが本当に何もない。
駅舎もバス停?って規模。で、列車は行ったばかりで次は2時間後!あー。

仕方なく、掃除しながら輪行したり、近くのドライブインで飲料補給しトイレ借りたり。
結局帰宅したのは5時過ぎになりました。ちょうどその頃自宅近辺はゲリラ豪雨。
長野は2日めは奇麗に晴れていたのですけどね。ついてた。

夏沢峠初日

3連休の初日とあって列車は混んでいて前日にあずさの指定券がとれず、Rimg0050_2
当日朝、出発30分前に行ったら自由席には長蛇の列が。
それでもなんとか席は確保して一路茅野へ。

この日の茅野は天気予報通り曇り。たまに雨らしきものがぱらりと落ちてきます。
しかしさすがは信州、涼しいです。日差しもなくてラッキーだったかもしれません。

この日のルートはオーレン小屋まで徐々に勾配がきつくなるというもの。
ミスコースで河川敷に下りた以外はほとんど下りはありません。

茅野を9時半頃出発して三井の森のゴルフ場、別荘地に入ったのが10:45ころ。
ここまでは民家がありますがこれ以降は補給ポイントはありません。
三井の森辺りではいちばん雨に降られましたが小雨程度。雨具の出番はなし。

唐沢鉱泉の分岐には12時頃着。ここからダートが始まります。ここまでフロントアウター。
が、この辺りから天敵出現。あぶです。それもすごい数。学生時代の摩周湖以来。
たまらず虫除けを身体中に吹き付けるも、停まるとわっと寄ってきます。
疲労が蓄積されてきているのに休めないのは厳しい。

道は舗装路も混じり、勾配がかなりきつくなっていきます。
たまらず桜平を待たずして昼食休憩を入れます。1時ころでした。
この桜平までのパートがいちばん長く感じました。
水が切れていたのでシラナギ沢で汲みます。飲めるのか知りませんが飲みました。

桜平からは基本、押し。ハイカーも多くなるので気を遣います。
夏沢鉱泉まで行くと水分補給はできます。が、人が多かったのでぼくはパス。
この辺りになると日差しがちらちら覗いてきました。いい感じ。

夏沢鉱泉以降は勾配が急になるので担ぎ主体。雰囲気のある登山道でした。
勾配が平らになり、ちょっと乗った辺りでオーレン小屋着。2時半頃でした。

手続きや支払いなどを済ませて、これからどうします?と聞かれ夏沢峠の展望はと聞くと
期待できないらしい。ならばととっとと熱めの風呂に入ります。
山小屋なので石けん、シャンプー、歯磨き類が使えないのは難儀しましたが、
施設、特に水回りは新しく、好印象でした。

今回泊まるのは2階の大部屋。アジアのドミトリーのような雰囲気でした。
ぼくは運良く段の下のカーテンで区切られたプライバシーがある部分を割り当てられていました。
4時頃にはザッと夕立が。早めに着いていてよかった。

食事は名物の桜肉のすき焼き。1人用にもひとつコンロがあるのが嬉しい。
夕食は5時半からで6時頃には部屋に戻り横になっていたら眠ってしまいました。

2013年7月14日 (日)

夏沢峠より帰着

天気予報では両日とも夏沢峠は曇りまたは霧一時雨で決行を躊躇しましたがRimg0060
結果的には気候にはほどほど恵まれ、いいライドとなりました。
オーレン小屋も今まで泊まった山小屋ではベストです。
詳細はまた明日。

・初日
 走行距離:24.3km
 獲得標高差:1385m
 最高標高:2311m
・2日め
 走行距離:22.7km
 獲得標高差:813m
 最高標高:2762m

2013年7月13日 (土)

死ぬまでに見ておくべき100の建築

casaBRUTUSで「死ぬまでに見ておくべき100の建築」という特集が組まれています。
アバウトながら場所やアクセス、見学方法まで調べているのは画期的。

ぼくはこのなかで見た建物は32。結構見ている方だとは思うのですが。

見たいのは落水荘、ファンズワース邸、バラガン自邸、ズントーと安藤のチャペル、
ロシアの木造教会、シーランチ、ブラジリア、投入堂、桂離宮、バルセロナ・パビリオン
言われてみるとまだ結構あったりします。

大阪の光の教会はこの前、近く(京都)まで行きましたが、公開日は月に4,5日だそうな。

2013年7月12日 (金)

Mac Book Air購入から1週間

必要なソフトはひと通りダウンロードし、マウスも購入したので一段落。
思ったよりも多くのことがAirの方でできそうです。
どうもこっちのほうが主力機になる予感。

eMacでしかできないのは、
・高度な画像処理(あおり補正など)
・PDFファイルの編集
・製図作業
・年賀状印刷
・スキャン、プリント作業
これくらいでしょうか。

AirはeMacとクロック周波数はほとんど変わらないのに、処理速度ははるかに高い。
無線のせいか、ネットはつながるまで時間がかかりますが、つながってからは
何のストレスも感じることなくどんな動画もなめらかに見ることができます。

あと、ファンの音がしないのも良い。eMacはファンのせいか部屋がホコリ臭くなることがありました。
ただやはり音は良くない。液晶の美しさもブラウン管には劣っているようにも感じます。

2013年7月11日 (木)

スタバにお出かけ

Mac Book Airを初めて外に持ち出してみました。行先はスタバ。
コンセントとWi-Fiが揃っているのは知っていました。

が、行ってみるとWi-Fiに接続する前に手続きが必要とのこと。
えー?今から戻るのも嫌だったので、他の電波をあたってみます。

するとwi2というところがその場で手続きすれば使えるようになるようです。
6時間で350円。1時間もあれば十分でしたが安いのでここと契約。
wi2で接続した状態でスタバとの手続きを済ませ、スタバのWi-Fiに切り替えます。

と、自宅であんなにつながらなかったchromeでさくさく動きます。電波強し。
そのままブログのバックアップ作業を1ヶ月分進めて帰ってきました。

Airは小さくて鞄に入り持ち運びが楽だし、場所もとらないからいいですね。
ただスタバとかだと水滴とかキーボードに落ちないか、ちょっと心配。

2013年7月10日 (水)

Mighty Mouse

今現在、Macの正式なマウスはワイヤレスのMagic MouseのみでRimg0035
Mighty MouseはAppleのサイトには載っていない1世代前のマウス。
しかし不思議と家電店の店頭にはまだほとんど並んでいます。

マウスの上面をなでるというスワイプという操作が難しいのではないかな。
一般的な操作ならMighty Mouseでも十分です。

Air本体ののマルチパッドの使い勝手もなかなかなものですが、
ドラッグ操作が主体となるドロー系、CADなんかではやはりマウスは必需品。

このマウスが発売されたのが2005年。ジョブズの生前だったというのが意外です。
というのもこの製品はかたくなに1ボタンにこだわってきたApple陣営の
Windowsに対する全面的な降伏にあたるからです。

Mighty Mouseは見た目は1ボタンですが、実は左右に分かれた2ボタンで
スクロールホイールまで採用しています。ああ、ジョブズのプライドはどこへ…。
デザインや軽さはさすがはAppleなんですけどね。

2013年7月 9日 (火)

PCバックアップその後

kさんから外付けHDDという提案を頂き、ヨドバシカメラに行ってきました。
すると、ほとんどの機種がOS 10.5以降対応。うちのeMacは10.4です。

無理すれば10.5にアップグレードできないことはないのでAmazonをあたると
比較的廉価で中古のアップグレードキットが出ていて思わずポチってしまいました。

が、直後にこれには問題があったことを思い出しました。去年の6月13日の日記。
VectoWorksという高価なCADソフトが10.5では作動しません。
さらに今回判明したのは、Photoshop7も同様に使えないそうです。
慌ててAmazonの業者にキャンセルの申し入れをしました。

で、HDD案は断念。もっと原始的にeMacはCD-Rにバックアップをとり、
今までその役を担っていたUSBメモリをAirの為に使うことにしました。

良いこともありました。2台のPCの共有ができないと言われていましたが、
アップルサポートの上の方の指示を仰いでなんとか共有化に成功しました。
ただプリンターの方はドライバがOS 10.8対応のものがないとのオチで不可でした。

いやそれにしてもわからないことが山のように出てきて毎日が大変です。
アドレスブックは10.4と10.8のものでは根本的なつくりが違っていて、
互換性はないそうな。なんでそういうことをするのだろう?

2013年7月 8日 (月)

携帯電話

この歳になるまで携帯電話を持たなかったのは電話嫌いというのが大きいかと。
だいたい話すことなんてそんなにないし、カノジョとの夜の長電話なんてのも、
ぼくの人生のなかではほんのわずかな期間でしかしませんでした。

仕事で施主や工務店に始終捕まえられるのが嫌だったというのもあります。
もちろん毎月の金銭的な負担も。身軽でいたかったし。

が、前にも書いたように事務所のFAX廃止と同時に留守電機能が失われ
緊急時の連絡がとれなくなったので、携帯が浮上してきました。
山サイに行くようになって救助用に必要性も感じていました。

で、昨日近所のauショップに話を聞きにいったのですが、
なんと3Gのガラパゴス携帯はもう2種類しかありません。

2年契約で機種代は0円。毎月の基本料はほとんどネット接続しないなら1000円程度。
これでカメラ、おサイフケータイ、ワンセグ、防水防塵性能ありです。
さらに機種変更の際に同時購入すると、基本料まで無料になるという話も。

いや、安くなったものです。これならハードルも低いですね。
が、これがスマホになると、月5000円以上に跳ね上がります。

スマホはさすがにいらない。ぼくはネット強迫症みたいなところがあって
せめて出先ではそれから解放されたい。

旅行で1週間も家を空けると200通以上のメールがたまっていますが、
そのほとんどが不要なもので、読まなくて取り返しがつかなかったことはありません。

twitterはぼくにとっては自分の行動記録やブログネタのメモが主であって、
他人のつぶやきはざっと目を通す程度。
facebookは完全にROMで、難しい内容が多いので読み飛ばすことも多いです。

2013年7月 7日 (日)

写真

PC内のデータを移す際、CDもしくはUSBメモリへのバックアップが必要ですが、
8年も使っていると結構な量になり苦戦しています。

内容としては、
・主に仕事関係のメールと添付書類
・アドレスブック
・仕事の図面と議事録、写真
・サイトのテキストと写真データ
・趣味のGPSデータ
・撮影したもしくはもらった写真
・少量の音楽データ

自らが撮影した写真はプリントショップでCDに落としてもらっていますが、
それでも膨大なデータ量で、メールをごっそり削除してみたりしましたが、
それでも全然入りきりません。

人間はそこまで生きた記憶が人生やアイデンティティになっているわけで、
写真による記憶の呼び戻しというのは大切な役割を担っています。

しかしそれはあくまで本人のためだけのものであって、
他人にとってはゴミ同然です。例えそれが親族のものであっても。

そう考えるといつまでも後生大事にとっておかず、
ある程度のところでごっそり捨ててしまうのもいいのかもしれません。

2013年7月 6日 (土)

落胆

地味に毎日少しずつブログのバックアップをとる生活をしていたのですがRimg00322
どうもスマホはないなと思いはじめたとき、円安が進んで
Mac Book Airの値段が下げ止まったので、ほとんど何も考えずに
最新のCPU目的にAirをポチってしまい、それが届いたのが一昨日の夕方。

その日は必要最低限のプラグインをダウンロードして終了。
で、昨日は朝から別途購入した分厚い説明書を端から読んで
操作の勉強をしましたが、残ったのは落胆ばかりでした。

Airはless is moreをそのまま体現したような製品で外観はミニマル。
ジョブズの置き土産と言ってもいいそれは、美しい。
しかし中味はというと正直いらない機能ばかりが増えています。

まずは最大の売りであろうiCloud。単独では全く必要ありません。
iMessageやFaceTimeもAppleのシェアを考えると使われなさそう。
Mailに関しては機能を盛り込みすぎて理解できないところが多い。
TimeMachineには別途ハードディスクドライブが必要になります。
音声読み上げとかジョブズがいなかった頃の機能を復活させたり。

最も残念だったのはeMacとファイル共有、プリンタ共有できないこと。
モデムを介してつながっているのでできるかと思っていたのですが。
まあ今はUSBメモリという便利なものがあるので困りはしないでしょうが。
動画くらいしか眼の覚める性能はなく、iPadでも良かったのかもしれません。

さらに追い討ちをかけるように、夕方ヨドバシカメラに出かけ、
ケースと無線マウスを購入したのですが、サンワサプライによる後者は
左ボタンが機能しない上、スワイプ動作に全く反応しません。
不良品なのかもともと新OS非対応製品なのかわかりませんが、
今日、返品交渉に行ってきます。サードパーティ品はやっぱりダメだ。

こうなってくるとブログのバックアップ作業も意味があるのかと感じはじめ
やる気は急降下。ここのところ調子は良かったのにな。

2013年7月 5日 (金)

PCの買い替え時期

うちのPCは事務所自宅兼用で基本的に1台で使いまわしているのですが、Rimg0030
古くなるとハード面よりソフト面が追いつかなくなり買い替えになります。

最初に買ったPCはPowerPC7200/90で1996年でした。回線はISDNでダイアルアップ。
次が現行品でeMacG4。プロバイダーを替え常時接続のADSLとなりました。
上記2つの間が9年。eMacは8年使っていて、さすがにしんどくなってきました。

とにかくネット環境の変化が早く、ブラウザのプラグインが導入できなくなったり
lineやsilverlightも使えません。動画の速度にマシンが追いつかなかったり。

で、まずは今回サブ機としてMac Book Airを導入しました。
これで3代目。さすがに特に動画の滑らかさは素晴らしい。
画像処理や作図、文書作成などは引き続きeMacで行おうと思っていますが、
これはAirをいじってみて次第ではあります。

あと、今考えているのは回線は結果としてコストダウンになるひかりに。
プロバイダも替えますが、ドメインはキープします。

それとようやく携帯電話を持つことに。FAXも留守電も廃止してしまったのでさすがに。
ただコスト的にスマホはちょっと難しいし、おそらくあまり使わないのでガラケーです。

2013年7月 4日 (木)

FCYCLEを卒業

この度ぼくは7年間お世話になったFCYCLEを卒業しました。
とは言ってもこの1年は既にほとんど活動はしていませんでしたが。

様々なオフでご一緒させていただいた方々、ありがとうございました。
FCYCLEと関係なしに個人的につながっている方々はこれからもよろしくお願いします。

これからは今もそうしているように個人サイトで主に山サイ企画を進めていきます。
同窓会的な?FCYCLEのfacebookバージョンには当面、登録は保持します。

7/13-14の夏沢峠と8/10-11の魚野川水平歩道は引き続き同行者募集中です。
ご興味のある方は是非ご一緒しましょう。

2013年7月 3日 (水)

SHIBAURA HOUSE

妹島和世さんによる芝浦のオフィスとそれに伴う地域のオープンスペース及びレンタルスペース。Rimg0010_4
といっても前者より後者の方が面積が大きいという特殊なもの。

ワンフロアでの外部面積もかなり広く割かれ、内-外-内、床-階段-床というリズムが
小気味よく続き、入館者はどこまでも上っていきたい衝動に駆られるとても魅力的な建築。

今、2階部分で催されている展示は以下のもの

*3人のクライアントと3人の建築家-暮らしの時間、家の時間
 130713まで/日休/10:00-19:00(-17:00土)/無料

出展者は中山英之(o邸)、長谷川豪(経堂の住宅)、TNA(キリの家)。
基本的に設計上の施主とのコミュニケーションや家の住まわれ方を追うもの。

大きく分けるとある法則に則って設計し、あとはクライアントに放り投げたのが長谷川とTNA。
いろいろな仕掛けをつくって家とクライアントとの対話を促したのが中山で、
結果としてはやはり後者の方が面白く、現況が竣工写真を上回っています。

ただ前者が悪いというわけではなく、ぼくの手法はむしろこちらに近い。
長谷川とTNAはプレゼンの拙さで損をしているところもあると感じました。

2013年7月 2日 (火)

ブログのバックアップ

ジオログの容量が残り少なくなってきたのと、光回線に替える可能性があって
ブログのバックアップをとっています。

ただジオログはソフトで一気に移行ができず、記事ひとつひとつのコピペの手作業で
これが思ったより時間がかかり、半月分くらいで嫌になり、
空いている時間を利用しても1日2ヶ月分が限界のようです。

ブログは7年5ヶ月分あります。すると45日、毎日作業しても1ヶ月半かかる計算です。
うーん、ちょっと気が遠くなります。旅の時とか1日に幾つもの記事がありますし。
で、コメントまではさすがに拾えません。すみません。

2013年7月 1日 (月)

6トレ

夏沢峠行きを天候不順のため2週間後に延期してぽっかり空いた1日。Rimg0003
前日にふと思いついてtwitterで6トレに行くかもとつぶやいたら
yさんが反応してくれたのでこれ幸いと6トレのトレイルを案内してもらいました。
ただしかなりハードに…。まあ健脚なyさんですからね。

8:15出発
yさんの指定した時間だと遅れそうなので15分早めて出発。
井の頭通りと多摩湖CCは追い風基調で楽でしたが、
肝心な集合場所を見落として小平までオーバーラン。戻って9:10。
ハンガーノック気味だったのでちょっと補給させてもらいます。

9:25再スタート
ここからはyさんにコースはお任せ。多摩湖を左に巻いてから狭山湖東岸へ。
ここまではアップダウンがあるもついていけました。
が、コンビニで補給食を買い、トイレに行って、タイヤにエア圧を落とし
シングルトラックに入る前にグローブを替えたyさんは本気モードに。

10:20トレイル入口
路面がダートになってから幾つかめの右折路に入り、ちょっと進んだところが入口。
入ってみると路面が狭いながらも上等なトレイルが待っていました。意外。

ひと通り下りると大学のフェンス沿いのきつい勾配の上りが待っています。
これはなんとかクリアするも、きつすぎて過呼吸のような状態になってしまいました。
言い訳するとすればこの時の筋肉と循環器へのダメージは最後まで残ってしまいました。

外周路に戻ってもyさんについていけません。さしたるアップダウンがあるわけでもないのですが。

10:45外周路ピーク
ここからまた比較的道幅のあるトレイルに入っていきます。
神社の湿っていて転けそうな下りを慎重にクリアすると、これを上り返すと言う。
ええ?無理だろう、と思いながらトライするも半分ほどで合えなく撃沈。筋肉が悲鳴を上げています。
yさんは当然のように難なくクリア。

11:00里山民家
茅葺き屋根の民家が遺されています。ここで15分ほど休憩。ぼくは羊羹を補給。
yさんは竹馬や剣玉で遊んでいました。

11:20六道山公園
外周路に入り上り返して塔のある公園へ。ここでも10分ほど休みます。

11:35トレイル入口
広めのトレイルからちょっと脇に入ると先程のような狭い、上等なトレイルに。
ここも下りきる前が湿っていて滑りやすい。で、やっぱり上り返すと言う。
この上りは左右にも振れるし滑りやすいので上級コースな様子。
ぼくは3回ほどトライしましたが、3度とも最初のコーナーで滑って撃沈。
yさんはそこは余裕でクリアするも、上の方で足をついてしまった模様。

11:50トレイル入口
外周路をちょっと進んでまたトレイルに入ります。田んぼ道まで下りて六地蔵で外周路復帰。
給食センターのあたりでもちょっとした小径に入ります。

12:00かたくりの湯
全身汗まみれのぼくは温泉に入っていくことに。ここでyさんとはお別れ。
とりあえず身体がが熱を持っているため、露天風呂の脇に座ってクールダウン。
打たせ湯とジェット風呂もあり。上着が汗で気持ち悪いので水で洗って着て乾かす。
身体が落ち着くまで結構時間がかかりました。売店でお土産を購入。

13:20再スタート
途中のコンビニで実質夕食となる補給をして、道を南下。
毎度の玉川上水と井の頭通りでの帰路。最初は筋肉が痛くて辛かったですが徐々に慣れました。

15:15帰着
王滝も1都6県も省エネ走法に徹していたので、久しぶりの短期出力Maxの経験でした。
いやあ面白かったけど、しんどかった。yさん、ありがとうございました。
6トレもなかなか捨てたもんではないですね。

・走行距離:75.5km
・獲得標高差:531m
・最高標高:197m

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »