« フリーソフト | トップページ | DHポジションの忘備録 »

2013年7月21日 (日)

富士見パノラマに行ってきた

昨年の10月に至近距離まで行きながら下らなかった富士見パノラマ。
ずっと気になっていて、今回DH講習付きで走って来ました。Rimg0098_3

参加したのはバックヤード・ガレージ・ハウスのスクール付きレンタルパック。
フリーライドバイク(ラピエールのアルミフルサス)にフルフェイスヘルメット、
ニーガード、エルボーガードをレンタル。
これにゴンドラ券1日分と、1000円分の食事券がついてきます。
保険やなんやら足して、トータル16800円でした。

講習は10:00-15:30でCコースを計3回下りました。
同行者は3名でしたが、ひとりは午前中で離脱。
講習内容はダウンヒル初心者に向いたもので、先生はDHプロライダーの金子真吾さん。

今回はアクセスからトラブル発生。スーパーあずさ1号で小淵沢乗り換えだったのですが、
何を考えたかホーム反対側の各駅列車に乗り込んでしまいました。
なにかおかしいと思った時にはドアが締まり、列車は逆方向へ進んでしまいました。

次の駅で乗り換えるかと思ったのですが一向に着かず、乗るはずだった列車とは擦れ違い。
もうこうなると時間がタイトなのでタクシーを使うしかありません。
しかし地方の3駅は遠かった。時間はぎりぎりで間に合ったものの、
料金はなんと東京から富士見までの運賃(特急料金含)よりかかりました。あーあ。

だだっと受付してなんとか10時には合流。まずは駐車場で柔軟と自己紹介。
その後、基本姿勢や体重移動、コーナーリングなど基礎を講習。
ぼくは前者はともかく、コーナーリングは苦手。
外側ペダル荷重で自転車だけを倒すのですが、恐怖感があります。

その他、自己流で身に付いているものを修正するのも大変でした。
Cコースに最初に出たときはこの癖が出てしまい、講習の内容が反映されていないと指摘されました。
例えば2本指ブレーキではなくグリップ外側を握って1本指ブレーキ。腕は外に曲げ前傾姿勢。

その後、2本目ではコーナーリング中の動作の移り方やバンクでの走り方を教示されます。
しかし前者はともかく、後者はぼくは全くダメ。恐怖心からかなあ。
講習直後のトライでは操縦不能になってコース外へ飛び出してしまいました。

今年の講習最大のヒヤリだったそうですが、飛んだ方向に障害物がなかったのが幸運。
怪我はないように思いましたが、帰宅してから左太ももが痛みました。
恐らく落車時にトップチューブに打ち付けたものだと思われます。

Cコースも3本目となると体力がついていかなくてコントロールが難しくなります。
まずブレーキレバーを握り続けるのが困難になりスピードが出てしまう。
体の柔軟性も失われ、ペダルから足がずれていってしまいます。
体力の限界でした。と、そこでちょうど講習は終了。たすかりました。

振り返ってみるとあまりうまくなった気はしませんが、基礎を知ったのは大きかった。
特にコーナリングは山サイでも試してみようと思います。
フルサスバイクの恩恵はイマイチわかりませんでしたが、HTだときついのだろうな。

おまけとして、食堂の鴨南そばは美味しかったです。土産を買って帰路は徒歩。
チケット売り場のひとは30分くらいと言っていましたが駅まで40分はかかりました。
この差は大きい。基本、駅から歩ける距離とは言えないでしょう。

思わぬタクシー代がかかったので帰路は各駅停車。4時間かかりました。
でも先週と違ってゆったりと時間を過ごし、ひぐらしの声などを聞けたのは収穫でした。

« フリーソフト | トップページ | DHポジションの忘備録 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52668172

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見パノラマに行ってきた:

« フリーソフト | トップページ | DHポジションの忘備録 »