« 山と命 | トップページ | 問題はなにか »

2013年10月 2日 (水)

職能逆用

うちの南側斜向かいの家が取り壊されて久しいですが、Oshirase
数日前に空き地にお知らせ看板が貼られていました。

お知らせ看板とは何かというと、特定街区内に中高層建築物を建てる際、
生じる周辺環境に及ぼす影響について、関係住民への周知のために計画の概要を記載した標識です。
みなさんも一度は目にしたことがあるでしょう。

ぼくは仕事で普段は貼る方の立場なのですが、今回は逆、知らされる立場です。
今回は第一種低層住居専用地域という2階建てを主とする地域に、
3階の建物を計画したために発生しました。

これが必要にせまられての3階だったら反応はしなかったかもしれません。
それか既に3階が建て込んでいる地域なら。しかし現状、周囲に3階の建物はほぼありません。

で、職能を活かして昨日、変更案を3つほどつくり、夕方来たハウスメーカーの営業の人と
お母様と門のところで随分と長いこと話し込みました。

結果としては決裂。こちらの提案は何一つとして受け付けてもらえませんでした。
建ぺい率をいっぱいに消化して2階建てにするものから、建物の一部を半地下に沈めるとか、
余り気味だと思われる階高をそれぞれ150ミリ削るという細かな提案さえも。

お母様の立場としては法の範囲内で建築をして何が悪い、というもので、
法で定められたぎりぎりのボリュームで計画したことを認めました。

4階にあたる塔屋でさえ。確かに違法ではないですが2階建てだらけの地域に4階…。
3階のテラスから外部階段で上ればいいと思うのですが、それすらNGで取り付く島もない。

この話し合いの前は自分の職能をまるで逆の立場で使うことに罪悪感のようなものも抱え
いっそ全てを忘れてしまえたらと思っていましたが、その強硬な姿勢に考えが変わりました。

とりあえず着工前にできることはすべてやります。
普段と全く逆なことをするわけですが、これは建築家としての良心から来た行動とも言えます。

« 山と命 | トップページ | 問題はなにか »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/53460841

この記事へのトラックバック一覧です: 職能逆用:

« 山と命 | トップページ | 問題はなにか »