« 同い年 | トップページ | nさんの挙式 »

2013年11月24日 (日)

箱根明神ヶ岳

そういえば箱根の山って登ったことがなかったので、絶好の行楽日和の連休初日に走ってきました。Rimg0061
小田急線で小田原に出て、そこからは箱根登山バスに乗り込み仙石原まで。
箱根湯本から走っても時間的には間に合いそうですが、体力気力が持つかどうか。

8:55ローソン買い出し後スタート(644m)
仙石原にはコンビニがありますが、これ以降は最後の林道を下りきるまで水場はありません。
勾配のゆるい舗装された林道をゆるゆると登っていきます。
この段階では金時山山頂(1213m)は遥か高い位置に見えます。

9:15登山道入口(843m)
矢倉沢トンネルをくぐった直後から登山道に入ります。カヤト野原の明るい道。
いきなり担ぎの登り。それを過ぎると幅の狭い道を上った分、下ります。

基本的にアプローチはこのアップダウンの連続で、細かいのを入れると6つのピークがあります。
ただ勾配は最初ほどではなく、押したり乗車できたりするパートも多くなります。

10:40休憩5分
いよいよ明神ヶ岳の取り付きに入ると、いきなり30%を超える激坂。担ぐのもしんどい。
ここまで無補給無休憩できましたが、たまらず休みを入れます。暑いので防具は脱ぎます。

11:10明神ヶ岳山頂昼食休憩30分(1157m)
山頂を少し過ぎたところに広場があり、30名以上はいるであろうハイカーで賑わっています。
景色はここが最もよく、箱根方面や金時山の奥にくっきりと白い富士山が眺められます。
ちょっと進んだところからは、相模湾も見渡せますが、ガスがかかっていたのが残念。

11:40再スタート
しばらくは気持ちのいいトレイルが続きますが、その後に来る岩場はまったく乗れません。
明神ヶ岳を下りてしまうと、またアップダウンが始まります。登りはきつくて押します。

明神ヶ岳−明星ヶ岳間は乗車率100%と書いてあるサイトもありましたがとんでもない。
せいぜい50−60%くらいかと思います。明星ヶ岳の手前に細かなピークが4つ。

12:20明星ヶ岳手前休憩10分(893m)
どこが山頂か判別しづらく、結局山頂の一つ手前のピークで休憩を入れます。日差しが暑い。
山頂は道幅が広く、広場状にはなっていますが眺望はありません。

13:10休憩5分
さすがに明星ヶ岳を過ぎれば下り主体になるだろうという予測は外れました。
細かな登り返しが5つもありました。根がバリバリに張った20%台の最後の登りで力尽きます。
下りは乗れるかというとこれもえげつなく、40%を超える斜度があったり。

13:35林道(537m)
最後の林道への下りは木の階段です。斜度は45%近くあって乗車できるわけがない。
最後の方には自転車が荷物になり、引きずり下ろす場面が多く見られました。

降り立った林道は舗装されていて樹木しか見えない単調な道をひたすら下っていきますが、
トレイルでの疲れから、意識がボーっとしてしまって危ない。

13:50飲料補給休憩20分
とにかく道なりに下って行くと、下りきったあたりにようやく商店が。
自販機でジュースを2本補給します。やっと一息つけました。

14:20小田原駅(10m)
小田原は箱根に比べてまったく情緒に欠けた街でゆっくりしようという気にもならず、
土産物を買って、とっとと輪行してしまいました。

振り返ってみるとこの日のコースはシクロクロス向けのようでした。
上り下りが頻繁に入れ替わり、自転車を持ち上げる場面もとても多い。
MTBだと重さがネックになってつらいものがありました。距離の割にはしんどい。

・走行距離:26.3km
・獲得標高差:884m
・最高標高:1168m

« 同い年 | トップページ | nさんの挙式 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/54033585

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根明神ヶ岳:

« 同い年 | トップページ | nさんの挙式 »