« イエスタデイをうたって | トップページ | あすなろ白書 »

2013年12月15日 (日)

小河内峠、浅間尾根

浅間尾根に小河内峠方面からアクセスしてきました。3年ぶり。Rimg0152
連れ合いに合わせて家を出、アプローチはホリデー快速で。武蔵五日市駅9時発。
駅前には大学のサイクリング部らしき人たちがたくさんいた。

今回は朝の寒さ対策でグローブの上から使い捨てカイロを握ってみましたが、
これがなかなかよく、必ず出ていた指先の痛みが今回はありませんでした。
1時間10分ほどで藤倉分岐に。いきなり激坂が始まります。

その坂も少し進むと途切れ、これが本当のルートなのか疑わしい、
簡易舗装のシングルトラックに入ります。最初は超がつく激坂で押し。
しばらくすると乗れるようになりますが緩急の変化が多く乗車率7割くらい。
途中上半身が汗だくになって、防具を外します。

標高が800mを超える辺りからダートに。路肩が崩れたトラバースで危険箇所は押します。
尾根に上る直前がまたきつい坂。上った先は落ち葉ふかふかの幅のある道。雰囲気はいい。
が、再び危険なトラバースに変わり、小河内峠に着いたのは11:45。思ったよりかかった。

峠から奥多摩湖が見降ろせますが、意外と高度差を感じない。
ツーリングブックには湖方面からのアプローチが乗っていますが山地図だと点線です。

ここからは緩く乗車で下りますが、霜柱がバリバリのトラバースはやはり押しに。
最後の登り返しの担ぎがきついです。足もとが霜柱で不安定。気温は恐らく氷点下。

奥多摩周遊道路に出る手前で25分ほどの昼食休憩を取ります。
ガスカートリッジの中味がなくなりかけていてなんとか沸騰までこぎつけラーメンを食す。
結構風が吹いていて寒く、服と防具を再度着込みます。

奥多摩周遊道路はほぼフラットかと思いきや、結構アップダウンあり。
途中、ピークにかけて信号による車線規制があってここが辛かった。
浅間尾根駐車場に着いたのは13時。晴れていましたが東京方面の眺望はいまいち。

さて待望の浅間尾根なのですが、いざ入ってみると何故か恐怖感が強い。
トレイルはしばらくぶりだったせいか慣れるまでに随分と時間がかかりました。
なので最初の200mほどの下りは試行錯誤で終わってしまいました。もったいない。

その先は標高800m台で延々とアップダウンが続きますが上り返しが思ったより多く
特にだらだらとした上りには辟易しました。面白くない。眺望も日射もありません。
3年前からある崩落箇所の迂回路はそのまま。修復する意志が感じられません。
それに加え今回は材木伐採のための迂回路というのもあり。ともに押し歩きになりました。

ここらへんになると前半の上りの疲れも出てきて、メンタル的にも飛ばす気になれません。
すれ違ったのはハイカー1名とトレラン1名。それと最後の石段で1パーティ。
最後のところはギャラリーがいたので石段のガレ場を乗車でなんとかクリアしました。

最後は舗装路の下りで、払沢の滝には15時着。2時間はさすがにかかりすぎですね。
汗で上着が気持ち悪くなっていたので、瀬音の湯に入ります。
食事もここでとるつもりでしたがディナーは17時からということで断念。
かわりに以前入ったことのあるほうとう佐五兵衛に入り夕食を取りました。

武蔵五日市駅に戻ったのは17時。帰りもホリデー快速に乗れ19時前には帰着しました。
この日は下りより上りの方が気持ちよかったな。

・走行距離:51.9km
・獲得標高差:1429m
・最高標高:1146m

« イエスタデイをうたって | トップページ | あすなろ白書 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/54260436

この記事へのトラックバック一覧です: 小河内峠、浅間尾根:

« イエスタデイをうたって | トップページ | あすなろ白書 »