« デパート巡り | トップページ | 走り初め »

2014年1月13日 (月)

温泉

ぼくがグループツーリングから影響を受けた行動は大きくふたつ。
山頂でのストーブによるカップヌードル食と帰路での温泉です。

昔は温泉というと観光地にしかありませんでしたが、
近年には都心部や道の駅のような場所にも進出してきています。
近年いわゆる公衆浴場というものは日本発の文化としても注目されているらしい。

ただ世界的に見ると、浴室から浴槽は排除されていく傾向にあるとは思います。
特に都市部のブティックホテルなどではシャワーオンリーになっていることが多い。

まあもともと西洋の浴槽というのは長くて浅く、浸かるというより浸すという感じで
複数人で入ることは全く想定されていません。
西欧と日本では入浴の捉え方自体が根本から違うのかもしれません。

一方、日本の住宅では浴槽がないという例はごくわずかです。
ものすごく小さなスペースしかなくてもユニットバスという形で解決されています。
それだけ日本人の入浴に対する執着の強さが見えます。

家庭に浴槽が行き渡ったところで都市部の銭湯は役目を終え、消えつつあるなか
前述したように地方の温泉施設は元気です。

ぼくは当初、せっかく風呂に入っても結局汗まみれになっているジャージを着るのに
抵抗がありました。また入浴後に走ることで湯冷めしてしまうのでは、とも。

しかし温泉にはそれを補って余りある精神的効果があると今は思っています。
過酷なツーリングの終盤に自然に囲まれた広い露天風呂に入ると本当にリラックスします。
それがひとつのピリオドになって旅の記憶を豊かにする効果があるのではないかと。

« デパート巡り | トップページ | 走り初め »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/54590561

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉:

« デパート巡り | トップページ | 走り初め »