« ショップレポ更新 | トップページ | 歯科大工事 »

2014年1月22日 (水)

注目度とレベル

先日、スポーツのドーピングを取り上げた番組内でハンマー投げの室伏さんが
常に疑惑が湧くことによってスポーツ自体への関心が薄れることを危惧していました。

市民から見て輝いている、憧れるひと、職業というのは実は役に立たないものが多い。
スポーツはその代表だし、文学、美術、音楽、演劇など文化と言われるものはみんなそう。

それにひかれる根拠というものが明確ではないため、いったん興味が失われると
金も人材も集まらなくなり、レベルが下がりさらに魅力が薄れるといった悪循環に陥ります。

F1レースとか自転車のロードレースなどで日本人選手が伸びないのは
一般メディアが積極的に取り上げなかったからではないかとぼくは思っています。
テレビドラマなんかも今や悪循環にハマりつつあると言ってもいいのかもしれません。

なかでも最も問題なのは政治家。昔から政治家というのはマスコミに悪口ばかりで叩かれる。
その上、格好いい政治家というのもまれです。小泉さんとかせいぜい橋龍とか?

このまま放っておくと日本の政治家のレベルはどんどん落ちていくのではないか。
まあ役には立つ職業なのでそう極端には振れないとは思いますが、
マスコミももう少し考えて報道してもいいんじゃなかろうか。

« ショップレポ更新 | トップページ | 歯科大工事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/54699556

この記事へのトラックバック一覧です: 注目度とレベル:

« ショップレポ更新 | トップページ | 歯科大工事 »