« 長瀞カスタマイズツアー | トップページ | 650Bの実際 »

2014年1月28日 (火)

泥汚れとサビ

ライドで泥まみれになったMTBをどうするかで悩む人は多いのではないでしょうか。Rimg0106
特にマンションの上層階だと外部水栓も洗車スペースもなかったりします。

一般的にはロードバイクも含めて水洗いが推奨されているようですが
ぼくはこれには抵抗があります。自転車のパーツは多くの部分がアルミに
置き換わりましたが、応力のかかる部分にはまだまだスチールが残っています。

MTBを屋外保管していたら錆びさせてしまった、というのはよく聞く話です。
米国の製品などは日本のような雨天を想定した設計をしていないとも聞いたことがあります。

で、ぼくの場合、基本的には泥が乾燥するのを待ち、乾いたウェスでの拭き掃除にしています。
手の届かないところは使い古しの歯ブラシ、細かなところではニードルを使います。
うちは玄関前が未舗装なので落とした泥はそのまま土に返しています。

オークションに出すなど徹底して洗う必要があるときは台所用洗剤+スポンジを使いますが
置き場所が土間ということもあり、普段は拭き掃除だけで十分足りています。

« 長瀞カスタマイズツアー | トップページ | 650Bの実際 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/54772011

この記事へのトラックバック一覧です: 泥汚れとサビ:

« 長瀞カスタマイズツアー | トップページ | 650Bの実際 »