« 歯科大工事 | トップページ | 空間の接続部 »

2014年1月24日 (金)

金比羅尾根

とにかく旅行以来ご無沙汰になっている山に行きたく思っていたところへ、Rimg0061
tさんより、先週末の金比羅尾根は無雪だったという情報が。
じゃあ行くかと思ったところ、火曜の夜に積雪あり。状況はまたわからなくなりました。

が、予定が詰まってきていて、行けるうちに行こうということで昨日出動。
アプローチはまだ乗ったことのなかった御岳登山鉄道。ケーブルカーです。
余裕を持って出て余裕を持って帰るというのがコンセプト。走行距離17.7km!

10:05御嶽駅
8時に家を出ましたが、中央線の遅延に巻き込まれやや遅れての到着。
山を見るとやはり薄っすらと雪化粧が。でも路面に残る雪は1cm程度。

ケーブルカーの駅まではバスが出ていますが、徒歩で行けるような距離ではない。
駅直前は16%程度ある激坂。インナー−ローでも蛇行します。ここまで200mくらいの上り。

10:30滝本駅
ケーブルカーは1時間に2、3本。定休日はなく片道570円。所要時間7分。
めずらしく自転車やペットの持ち込みも設定されていて、自転車は240円でした。
車内の最も低いところに置くことができます。

ケーブルカーは最大斜度25度とのことですが、かなり急で怖いくらい。
途中でもう一つの車両とすれ違います。上の方ではがばっと景色が広がります。
これだけでもなかなか楽しめました。お勧め。

10:50御岳山駅
やはり雪はありましたが道はほぼ除雪されていました。平日なのでハイカーはまばら。
御岳山のプチ激坂をクリアし、日ノ出山方面に分岐したあたりから雪面のダートに。

雪はまだ溶けてなく、アイスバーンではないのでMTBのタイヤで問題ありません。
途中で20人以上はいるであろうパーティーをパス。後に日ノ出山頂を占拠されました

11:25日ノ出山山頂、昼食休憩
空は雲ひとつなく晴れ渡っていて無風。日射がきつくてジャージ1枚まで脱ぎます。
新しいガスカートリッジでカップラーメンを作って食す。あっという間に沸騰してびっくり。
山頂の雪はさほど深くない。ただ部分的に解けて泥になっていました。

12:00金比羅尾根
木の階段を降りて谷をぐるっと廻る金比羅尾根入口付近からは深い積雪あり。10cmほど。
幾つもの足跡のなかに自転車の軌跡と動物の蹄あとが見られました。鹿?
とても乗れず押しますが、林の中に入ると雪は消滅。良好な路面状態になります。

ただ雪と泥で靴裏もビンディングペダルも塊のようになっていてペダルが拾えません。
ちょっと大きめなドロップオフが続いたりすると足がずれてきてなんとも不安定で、
休み休み進みます。その後も雪面は思い出したように度々出現しました。

ルート後半は昨年歩いた経験からほとんど緩い下りだと記憶していましたが、
実際は上り返しも多く、自転車行との印象の違いを感じました。

林道星竹線との分岐で、林道で降りて温泉に入るか、直行してさっさと帰るか悩み、
結局後者を選んだのですが、直後に失敗だったとわかりました。
1年前に直面したのと同じ泥のトレイルが出現したのです。予兆は全くなかったので油断した。

最初は路端へ避けていましたがそれもできなくなり、深い泥の中を自転車を押します。
フレームとタイヤの間はあっという間に泥で埋まり、固着して後輪が回らなくなること数度。
通過するまで結構長かったです。やはり林道推奨。

13:20琴平神社
行ったことのなかった神社でひと息。泥はこそげ落とすしかないなあ。

13:35五日市小前、自転車清掃
麓まで降りて、スペースを見つけて泥を昼食で使った割り箸で落とします。靴裏も。
こんなのに時間食うんだったら温泉入ったほうが良かったかも。

14:00武蔵五日市駅
帰着したのは3時半過ぎになりました。それからシャワー、洗濯、洗車と慌ただしく動き
このレポートを残して作業はなんとか昨日中に終わらせることができました。
でも日曜日のライドも雨っぽいんだよなあ。

・走行距離:17.7km
・獲得標高差:490m(ケーブルカー除く)
・最高標高:909m

−−
この日、尾根ではハイカーと遭遇はしませんでしたが、手軽なコース故かトラブルも聞かれます。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-267460.html

DHerはともかく「無視ですかあ」はないだろう。
こんなのと仲間だと思われたくはないですが、
いずれのケースでも手慣れた輩と見受けられるので始末が悪い。

« 歯科大工事 | トップページ | 空間の接続部 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/54727378

この記事へのトラックバック一覧です: 金比羅尾根:

« 歯科大工事 | トップページ | 空間の接続部 »