« 恐怖感 | トップページ | ストリート系とMTB系 »

2014年2月19日 (水)

北米のフレーム塗装業者

先日紹介したkane bikesの他にVelo COLOURというトロントの業者を見つけました。Pegoretti1
ここは細かな料金設定や作業工程が写真で掲載されていて良心的。
カーボンの仕事もやっていて丁寧な仕上げ。特にColnagoのペイントは素晴らしい。
ちなみに工程はこのサイトも詳しい。

が、今は混んでいて4ヶ月待ちだそうな。ビルダーのVanilla Cyclesは
相変わらず5年待ちだし、北米の腕の良い所には仕事が集中しているようです。

で、サイトを見ていて驚いたのですが、イタリアのPegorettiのフレームを塗りなおしている。
ペゴレッティといえばビルダーでもありますが、その個性あるペイントから、
カスタムペイントの始祖と言ってもいいような存在です。(写真)

Jean-Michel Basquiatに影響を受けたというそれはほとんどアート作品で、
高いものでは50万円ほどの値段がついています。スチールのフレームだけで。

まあなんとも酔狂な人がいたものです。発注する方もそうですが受ける方もね。

追記:ここもすごい。ドイツの業者。

« 恐怖感 | トップページ | ストリート系とMTB系 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/55051160

この記事へのトラックバック一覧です: 北米のフレーム塗装業者:

« 恐怖感 | トップページ | ストリート系とMTB系 »