« 裏山ライドTokyo | トップページ | 赤面 »

2014年4月28日 (月)

久しぶりの2トレ

山サイ本に沿って1回行ったきりの2トレ、今回yさんがファットバイクに乗られる方をDscn9569
お連れするとのことで、同行させてもらいました。
ルートが全然違ってソロで行った前回の数倍楽しめました。

アプローチは輪行。早朝だったこともありコンビニに行きそびれ、
なんとか飲料とアンパン一個だけ確保しました。
2トレ最寄り駅近くにもコンビニはあったのですが集合場所までの時間が読めずパス。

が、集合場所に着いてもそれらしき人たちはいない。なんか小腹がすいてアンパンを食べてしまった。
2トレは南側の麓に下りて蕎麦屋に行ったみたいなレポートが多かったので油断しました。

時間になると自走してきたというyさんとhさんと無事合流。ファットバイクの方と合わせて4名。
まずはゴンドラと呼ばれる緩勾配の舗装路を西へ上っていきます。
車道の峠の手前に自販機があって飲料補給。車道から自転車を押し上げて北へ。

峠までは前回通った道でしたが、ここから西方向のフェンス沿いを走ります。
前にMTBerが出てきたのを遭遇した道。しばらく厳しいアップダウンが続いて、
最後にガッと上ると、北−東方向に大きく開けた展望台に着きます。標高416m。

今きた道をピストンで戻って今度は南方向に。やはり道路から押し上げですが乗車できるところも。
どうももうこの頃からすでに疲れが。南側の道も途中までは前回と同じでしたが、
右に折れたあたりから新たなバリエーションルートが次々と。

今回上りのチャレンジに使われた切り株坂も前回は通らず巻いていました。
降り切る手前にある広場で昼食休憩です。食料を切らしていたぼくはhさんからおにぎりを
yさんからはバンを頂きました。ありがとうございました、助かりました。

霊園まで下りて自販機で飲料補給とトイレ。ここでちゃんと行っとけばよかった。
少し下りてから前回反対方向から行った倒木のある上りへ。
少しでも行った記憶のある道は心強く、ここは乗車で通せました。

さてここでようやくお待ちかねの東方向へ下るメインルートです。前回も通っていますが、
他のMTBerの速さに道を譲った記憶があります。果たして今回も皆さんすごいスピードで下ります。

この下り、結構根が張っていて減速したりすると勢いがつかず次の上り返しで止まってしまいます。
何回か繰り返すうちに、これは漕ぐことを封印して身体の加重抜重で下りをこなすのがいいかと
そう思うに至り、何度かはそれでうまくいったのですが、一回コントロールを失って、
高速で立木に激突しかけてしまいました。何かを考えると他が疎かになるのはぼくの悪い癖。

最後はフェンス沿いのジェットコースターをこなして少し戻ってからゴンドラに出て終了。
いやいや、お疲れ様でした。

今回印象的だったのはyさんの後姿。路面がガレようが上ろうがほとんど身体がぶれません。
おそらく体幹がしっかりしている上、上体の力が抜けている。自分がいかに無駄な動きが多いか。
それとやっぱりファットバイク。脚がある方が乗っていたということもありますが、
その走破性には眼を見張るものがありました。タイヤのグリップが強くて力のロスが少ない。

さて帰路は自走するつもりだったのですがものすごい逆風の多摩川CRでyさんらについていく自信はない。
で、結局拝島近辺までCRで先導いただき、離脱しました。
拝島には洒落たコーヒーショップなどないので仕方なくセブンでトイレを借り買い出し。
夕食の分も含めたつもりだったのでかなりの量の補給となりました。

ここからは玉川上水−井の頭通りというコース。逆風ではありましたがCRほどではない。
アップダウンはなく、信号で適度な休息。気晴らしに建物を眺めたり、お気に入りのコースです。
結局、拝島スタート後2時間での帰着と相成りました。

・走行距離:65.0km
・獲得標高差:852m
・最高標高:416m

« 裏山ライドTokyo | トップページ | 赤面 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/55966378

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの2トレ:

« 裏山ライドTokyo | トップページ | 赤面 »