« お買い上げ | トップページ | 誰だ誰だ、だれだあ? »

2014年4月16日 (水)

人間関係

今現在、最も大事にしているのは連れ合いとの関係です。
そこでは言いたいことを言わないこともあるし、自我を抑え自己犠牲すらいとわない。
彼女は美しく一生懸命な人で尊敬の対象であり彼女の人生を優先しても構わない。

彼女に限らず女性一般に対しては概ね好意を抱いています。なかには合わない人もいますが。
お店で女性店員から笑顔をもらえたり覚えておいてもらったりするだけで幸せを感じます。
なので基本的に敵意はないし、関係で悩むということもあまりない。

問題は対男性なのです。社会と言い換えてもいいかもしれない。ともにあまり好きとは言えない。
それでもまだ組織に属していた頃は同じ苦労を共にすることで仲間はいました。
まあ共通の話題は上司の悪口だったりして生産的とは言えなかったかもしれませんが。

大学入学とか最初の就職とか集団にポンと投げ出されるとどうしていいかわからない。
誰が仲間になりそうかも想像できない。ぼくは客観的に見た自分が好きではないから
自分と近い人を探す気にもなれません。だいたい人との関係を違いで決めていく癖がある。

これは日本独特なのかもしれませんが、批判をする人は仲間に入りづらい。
過去に建築家のoさんが建築界のぶっちゃけ話を書籍にしたことがありましたが、
彼の著作は今ではことごとく絶版となっています。
新国立競技場問題で先鋒に立っているmさんもいつ梯子が外されてもおかしくない。

基本的にお約束の共感があって、独自の考えなどは認められない。
空気を読むっていうんですかね。自分の立場をわきまえるというか。

でもクリエイターがそんなことばかりしていたら感性が鈍るばかりです。
ぼくは自分の見てくれは好きではありませんが考え方、感性は信頼しています。
それをないがしろにしてまで仲間を作りたいかというとそうでもないのです。

「社会集団は、これを犯せば逸脱となるような規則をもうけ、それを特定の人々に適用し、
彼らにアウトサイダーのラベルを貼ることによって、逸脱を生みだすのである。」
                             −−ハワード・ベッカー

« お買い上げ | トップページ | 誰だ誰だ、だれだあ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/55798108

この記事へのトラックバック一覧です: 人間関係:

« お買い上げ | トップページ | 誰だ誰だ、だれだあ? »