« b903 bullmoose bar | トップページ | 阿佐ヶ谷書庫内覧会 »

2014年4月13日 (日)

再びs山へ

もう王滝が1か月後に迫ってきているというのに王滝仮想練の林道にはまだ雪が。Rimg0180
おそらく1000m級の尾根道にも残っていそうなので低山のs山に行ってきました。

9時半に駅発。山の方に近づいていくとまだきれいな桜が残っています。
で、カメラで撮ろうとすると異音がして起動しません。起動してもピンぼけだったり。
半年くらいまえからレンズが戻らない現象は出ていましたが、ついに壊れたか。

ちょっとブルーになりながらも湖へ向かう公園の坂を上っていきます。
最初の激坂2つでは脚をついてしまいましたがあとはクリア。ハイカーが多い。
なかには20人規模のパーティーまでいました。共存が難しい季節ではあります。

10:20に湖展望台着。スカイツリーまでなんとか確認できました。
下りはH大学のトレイルが隣接する山道。久しぶりの下りのトレイルは気持ちよかった。
ここにはほとんどハイカーはいませんでした。

下り終えてから青少年センター方面へ。ここから峠までは押します。
尾根に出てからも再度激坂押しあり。見晴らしのいい峠に出たのは11:15。
ここから下り基調になりますが上り返しが多くて先程みたいな心地よさは薄い。

舗装路に出てさらに下っていきますが、前輪になにか違和感が。
ローターが擦っているのかと思いましたが違い、スローパンクでした。
タイヤを外してみると何箇所がサイドカットしていて1箇所で貫通している。

ここにパンク箇所を特定してチューブを調べるも、結局穴は見つからずチューブ交換に。
のんびりやっていたこともあり実に40分の作業となりました。王滝本番では考えられない。

舗装路を再度上ってトンネルをくぐり下ると念願のラッテ到着。12時半。
が、店はまだ閉まっていました。18日に再開するらしい。ようやく水道工事の許可が出たって。。
当初は帰路は自走でと考えていましたが、パンクと休業のダメージが大きく輪行で帰ることに。

が、この最後の山が意外と長い。おまけに2回のミスコースでモチベーションダウン。
出発駅のコンビニでアイスを購入し無理やり納得させようとしたり。
結局橋本には13時半着。自宅には14時半過ぎに戻りました。

タイヤが前後ともかなり劣化していたのでチューブとともに通販で購入。
それから新宿に出てカメラの修理出し。もうハンドルどころの出費では済みません。

今日摂取したショットの買い足しもしました。今のところ体調は悪くないですが、
エネルギーが切れたあたりで疲れがどっと出るような感じはありました。

パンク修理もしましたが、微妙にサイドカットの場所からはずれてた。うーん。

・走行距離:29.1km
・獲得標高差:591m
・最高標高:333m

« b903 bullmoose bar | トップページ | 阿佐ヶ谷書庫内覧会 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/55756107

この記事へのトラックバック一覧です: 再びs山へ:

« b903 bullmoose bar | トップページ | 阿佐ヶ谷書庫内覧会 »