« 王滝のダメージ | トップページ | 文藝別冊 ニルヴァーナ »

2014年5月28日 (水)

クルマ

瀧さんってクルマが嫌いなんですか?運転が嫌いなんですか?のようなことを王滝で聞かれ
たぶん両方でお金もないからと答えた自分は年に運転するのはせいぜい1、2回。

今回ひとりで運転してみてわかりました。よくハンドルを握ると性格が変わるとかいう人の
話を聞きますが、ぼくの場合感情がなくなりメカのようになります。

なぜか。たぶん身体むき出しの状態で高速を時速100キロで引き回されると気が狂う。
ぼくらはみんなその辺の感覚を自主的に麻痺させている。高いところが平気な人のように。
それがあって初めて成立するひとつのシステムなのだと思います。クルマというのは。

対向車の運転手の人格を一瞬でも疑ったりしたら運転などできない。
ぼくらは集団でミスのないパーフェクトな演技をしなくてはならない。
そこでは逸脱でさえ計算し尽くされなければならない。

やれと言われればやります。集団行動は苦手なだけでできないことはない。
でもそれが面白いとは思えない。そういう奴なんです。たぶん、ぼくは。

« 王滝のダメージ | トップページ | 文藝別冊 ニルヴァーナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56329787

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ:

« 王滝のダメージ | トップページ | 文藝別冊 ニルヴァーナ »