« 墓 | トップページ | 王滝予測 »

2014年5月22日 (木)

ぬいぐるみ修復

4年前に行ったフランス、モンサンミッシェルで買った羊のぬいぐるみ、というか置物。R0010336
この前気がついたのですが左目がいつの間にかなくなっていました。
おそらく少し前にアクロンで汚れを落としたのでその時外れ、紛失した模様。

このぬいぐるみ、うちにあるもののなかでは最も小さく全長10センチほど。
当然眼球も小さく、直径で3ミリほどしかありません。
ネットで検索してもこれほど小さな眼球のパーツは見つかりませんでした。

ないならつくるしかありません。ラッキーな事に東急ハンズで直径3ミリの
ガラスビーズを見つけることができました。しかしこれからが大変。

ぬいぐるみの目には2パターンあってつや有りの真っ黒と、透明の球体のなかに黒目があるもの。
今回は後者でした。しかもその白目のクリア部分がややブラウンがかっています。

まずはそのままでは埋め込まれないので、ビーズの一部を鉄ヤスリでフラットに削ります。
なにせ相手がガラスなもので固く、ここで既に四苦八苦。

白目のブラウンは再現しようがないので、眼の取り付く部分を茶色く塗ってみました。
が、これはまったく効果がありませんでした。まあ仕方ない。

最後に黒目なのですがやはり上から着色するしかありません。
右眼とバランスを取っていくと随分大きな黒目になってしまいました。

その後、作業中に汚れてしまった部分を白でレタッチして完成。
前と同じようにはなりませんでしたが、まあまあな美人さんにはなりました。
こういう修復を専門にやっている業者もいるのでしょうね。

« 墓 | トップページ | 王滝予測 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56275054

この記事へのトラックバック一覧です: ぬいぐるみ修復:

« 墓 | トップページ | 王滝予測 »