« サッカーワールドカップ | トップページ | fatという選択 »

2014年6月22日 (日)

冒険

ぼくがやっている山サイというのは自転車のなかでは冒険的要素が強いですが、Outsiders
自転車を担ぐ分、荷物を減らさねばなかったり、乗れるところが長くないと意味が無かったり
するので、本格的冒険からは程遠く、日帰り登山よりもさらに安全な方向に振っています。

書店で見かけたThe Outsidersという洋書には以下の様な文面があります。
Do not follow where the path may lead. Go instead where there is no path and leave a trail.

魅力的なフレーズでGPSに詳細な地図が入っていれば可能な行動かもしれませんが、
自転車という10kg近い重さの荷があるかぎり、この一歩は踏み出せません。

一方で、本当にぼく自身が本格的冒険に耐えられるかというとこれも疑問です。
今回アウトドア大百科なる本を購入してみて、サバイバルな項目に目を通してみると、
本州の山では余り気にかけない野生生物との対峙が発生してくる。

生物が多彩な熱帯雨林気候はともかく、ぼくが好む荒野でもサソリなど危険動物はいる。
さらに非常食として昆虫を食べるという段になるともうまったくダメです。
釣をするために生き餌をつけることだけでも怪しいものです。

同じ哺乳類であるせいか大きな熊やイノシシとかの方は冷静に対応できるのに、
小さな昆虫や爬虫類がダメというのはおかしなものですね。

にほんブログ村 MTB

« サッカーワールドカップ | トップページ | fatという選択 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56566756

この記事へのトラックバック一覧です: 冒険:

« サッカーワールドカップ | トップページ | fatという選択 »