« うなぎとか | トップページ | 7月の定例荒川オフ »

2014年7月 6日 (日)

minamidaira project2

去年の初頭に、住宅のコンペで関わった建物が竣工したようです。Photo1193
近所なので固定車でちらりと見に行ってきましたが、前面道路から見える構成はぼくの案と同じ。
まあボリューム的には問題ないのですが、ぼくの提案も共通してファサード処理がつまらない。

ぼくが提案したのは各層ごとにボリュームを切ってずらしながら積んでいくというもの。
恐らくこうした操作を始めたのはフランク・ゲーリーで、今は超高層にも使われています。

こういう積む手法で今まで一番印象に残っているのはMVRDVのハノーバー万博のオランダ館。
どうせやるなら一層ごとにまるで違うものを積むこれを目指したい。

で、もう一度ファサードを考えてみました。基本はロの字型のトンネル開口部なので、
そのなかに構造体を入れてそれを表現とすれば無理がない。

1層目は縦方向強調の列柱。古典的建築物のイメージです。
2層目はモダニズム建築。重力から解放された横ストライプがその象徴となっています。
そして3層目は現代の21世紀建築。情報が網目のように錯綜しているさまを表現しています。

公共のコンペだとこれくらい思い切ったことを考えますが、住宅の3者コンペとなると
なかなか攻めきれずに中途半端な案を出しがちです。今後の反省としましょう。

にほんブログ村 建築・建築物

« うなぎとか | トップページ | 7月の定例荒川オフ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56701187

この記事へのトラックバック一覧です: minamidaira project2:

« うなぎとか | トップページ | 7月の定例荒川オフ »