« 最近のネット上の作業 | トップページ | 固定車タイヤ+チューブ交換 »

2014年7月 1日 (火)

悪口と欲

前にも書きましたが、あらゆる利害関係から独立すべき批評を別として、
ぼくは悪口が好きではありません。特に陰口のたぐいは。
ただ悪口というのは共感という形をとって意外と身近に潜んでいるものです。

わかりやすいのは医者のセカンドオピニオン。前の医者にはこんな酷いことを言われたと
患者に訴えられたとしましょう。おそらく大半の医者はそれは大変でしたねと共感を表明する。
その内容には関係なく。なぜならそれが営業というものだから。

でもそれは前の医者を貶めて自らを賢く見せる実質的な悪口です。
営業に長けた人は往々にこうした悪口をさり気なく差し込んできます。
その手前で謙虚な姿勢を見せてとても悪口など言わない人格のように印象付けたりもする。

同じように自らが持つ技術について、簡単ですと言いながら簡単な説明をし、
あえて判断の微妙な問題を振ってダメ出しをして、奥が深そうな印象を与えたり。

ぼくはそうした我欲を含んだ印象操作に敏感なので、今回なにかおかしいと思いましたが
理由はしばらくわかりませんでした。その場には何十人もひとがいましたが何人気づいたか。
ぼくは気が付くとメールアドレスまで握られていました。

そういう人なんだと確信したのは帰宅してそのひとのwikipediaを発見した時。
およwikiに載るような業績はないのにものすごく詳細な記述があり、
そのほとんどの情報に引用元がなかった。まるで例の難聴の音楽家のwikiです。

欲というのは隠せないものですね。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 最近のネット上の作業 | トップページ | 固定車タイヤ+チューブ交換 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56650100

この記事へのトラックバック一覧です: 悪口と欲:

« 最近のネット上の作業 | トップページ | 固定車タイヤ+チューブ交換 »