« 清水峠より帰着 | トップページ | 清水峠2日目 »

2014年7月28日 (月)

清水峠初日

朝は余裕を持って9時過ぎには出ました。行きは在来線乗り継ぎ。R0010524
高崎で時間があったので、コンビニで爪切りを購入。手の爪を切りますが、
その晩足の爪を見たらこちらも伸びてました。買って正解。

上越線は混んでました。本数が少ない上に3両編成。始発で乗るべし。
水上で乗り換えると切符の確認をしに回ってきました。無人駅が多いせいか。

この旅、最初の目玉は土合駅です。日本一のモグラ駅。標高差81メートルを
486段の階段がつないでいます。エレベーターもエスカレターも無し。
ホームははるか地下にある仮設駅のようで、そこからの階段は一直線なのですが、
終点が見えないほど長い。そしてやはり地下だけあって涼しかった。

階段を延々上った先の地上駅には直射日光が当たり、あっという間に汗だくに。
なんとか輪行を済ませて出発したのは2時過ぎ。途中この日の宿を確認して進みます。
が、これが結構な激坂。いきなりはきつくミドル−ローあたりで回します。

着いたのは天神平へのロープウェイ。行きの電車の中で考えていました。
翌日雨だった時の保険も兼ねて。が、ロープウェイ往復が2060円と結構なお値段。
まあせっかくなんで乗ります。途中、下に地道を発見。これ上りは輪行して下りはDHって
できないかと思い聞いてみると、ブル道で整備されてないのでお勧めしないとのこと。
人柱になる人いる?

天神平で1320mくらい。いくつかリフトがあるので冬場はスキー場になるのでしょう。
地図にはこのリフトが眺望がいいとのことなので、片道乗車410円。
着いた天神峠は1500m。明日自力でここまで上るのかと思うとげんなり。

さすがに気温は低く、24度くらいでした。晴れでしたが高い位置にはガスがかかっていて
隣の谷川岳もはっきりと望むことはできませんでした。

ここから谷川岳方面に下り鞍部に達すると木道ができていました。
それだけメジャーな山ってことなのでしょう。途中の野原にはトンボがいっぱい。

ロープウェイを下りてきたところで4時前くらい。ソフトクリームを食べ
その後の行動を考えましたが、結構汗をかいていたので一ノ倉は明日行くことに。

激坂を下りて宿に着くとちょうど団体さんが着いたところでこれが知的障害者の人たち。
これは大変だなと思いましたが、やはりこの晩は宿に不穏な雰囲気を感じました。

宿帳を書いて通されたのは6畳の和室。高窓が開いてはいますが暑い。で、入口戸は開け放し。
エアコンはもちろん扇風機もないのです。食堂においてさえも。
みんな汗だくなのに料理で鍋が出てきたり、ちょっと勘弁。味も良くなくまあ
1泊1食2弁当付きで7560円だから値段なりだというべきか。水回りもちょっと不衛生。

食堂では7時のニュースが流れていて、やはり元台風の前線が明日、通過するそうな。
ぼくは前からこの台風は確認していて、予報に反映するのが遅いよな。

部屋に戻ってとっとと寝ようと思いましたが、室温30度。掛け布団無しで
浴衣をはだけて横になっても眠れない。そこで考えるのは明日のこと。
峠で雨になったら引き返すというプランもあるかなあ。

にほんブログ村 MTB

« 清水峠より帰着 | トップページ | 清水峠2日目 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56921277

この記事へのトラックバック一覧です: 清水峠初日:

« 清水峠より帰着 | トップページ | 清水峠2日目 »