« Nirvana Live at the Paramount | トップページ | minamidaira project2 »

2014年7月 5日 (土)

うなぎとか

絶滅が危惧されているうなぎとか、無くなる前に食べるか無くならないように食べないか?
できれば後者のほうが望ましいのだろうとは思います。

うなぎは子供の頃、祖父母の家に行った時に出前で頼む定番でした。
青年期には安価なレトルト品が冷蔵庫にあり作って食べたりしていましたが、
社会に出てからはそう頻繁に食べるものでもなくなりました。

では同じく話題になっているクロマグロはどうか。
寿司や刺身の定番だけにちょっと厳しい気もしますが、白身魚で代用できないことはない。

文化、特に食文化というのは時代とともに移り変わるものです。
栄養的にまったく代用がきかない食品というのもあまりないですし。

ただそこに感情論が入り込むとやっかいなことになります。
食に関する感情や価値観はひと、民族によって様々で必ずしも共有されない。

シー・シェパードの行動なんかはそれにあたるでしょう。
個人的には鯨食は小学校の給食で触れた程度でさほど思い入れはないのですが、
鯨食が嫌なら食べなければいい。しかしそれを他人にまで押し付けるのはどうか。

ぼくは動物の子どもは食べないようにしていますが、連れ合いが食べるぶんには構いません。
今の食の実態というのは歪みきっていて、それを真正面から受け止めると
肉食はおろか、乳製品さえも取れなくなってしまうと思います。その情報が正しいならば。

菜食主義者、ヴィーガンというのはいます。でもそれを全世界に適用するというのは無理です。
産業構造自体が根底から変わってしまうし、なによりそれはファシズムにあたるのではないか。
文化的多様性というのは尊重されるべきだと思うのです。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« Nirvana Live at the Paramount | トップページ | minamidaira project2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56688743

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎとか:

« Nirvana Live at the Paramount | トップページ | minamidaira project2 »