« サイフは濡らすな | トップページ | 土合駅 »

2014年7月30日 (水)

ディレイラーハンガー修復

日曜の山サイで岩場に誤って落としてしまったMTB。R0010549
落ちた先が平らだったのが幸いしてか、恐れていたフレームには異常なし。

ただ、またディレイラーハンガーが曲がりました。リアディレイラーのSRAM X-9が丈夫なのと
後三角がクイックシャフトで固定されていたのが大きかったのだと思います。

ディレイラーハンガーはこれまで実に3度交換しています。
いずれもおそらく輪行時の外的衝撃によるもので、赤い三角のところが下向きに折れた。

今回はそれとは違って、赤線部分を山として向こう側に折れました。
一度車輪を外してしまうと、もうはまらない程度の変形。
このようなケースなら直せる可能性があると思いトライしてみました。

方法は外したハンガーをふたつのモンキーで両側をかませて曲げ戻すというもの。
結構力を入れましたが、なかなか曲げ戻ってはくれませんでした。
最後の微妙な曲がりを残してとりあえず組んでみます。

するとやはりロー側にオーバーストロークしてチェーンが外れてしまう。
ロー側のアジャスターを調整して、あとはレバーに付いているストロークの
アジャスターをいじって無事復活しました。やあひと安心。

にほんブログ村 MTB

« サイフは濡らすな | トップページ | 土合駅 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/56930746

この記事へのトラックバック一覧です: ディレイラーハンガー修復:

« サイフは濡らすな | トップページ | 土合駅 »