« 適材適所 | トップページ | バルバラ・カポキン国際建築ビエンナーレ講演会 »

2014年9月28日 (日)

富士見想定練

林道に富士見想定練に行ってきました。2つの林道を踏破するのは1年半ぶり。Dscn9661_2

9:15飯能駅
山手線で2駅で時間調整があった関係で西武線の急行に乗れず約20分のロス。
自転車組み立て中に輪行袋の取り付けを位置を忘れていたことに気づく。
結局ハンドルバーに固定しました。危うかったですがなんとか最後まで持った。
風が舞っていてあまりいい天候ではないものの昼は晴れた。が暑い寒いの繰り返し。

10:10林道1始点(3分休憩)
ここまで結構な勾配で大汗かきました。ゲートで工事関係者らしき人と遭遇。
途中までしか行けないよと言われ厳し目な感じ。最悪最初のヒルクライムだけでも
と思っていましたが、工事は上りの舗装工事の延長でした。押して通過。
この他、早い時期に崩壊地の応急補修跡があり、車体が泥だらけになりました。

11:10沢1補給(2分休憩)
なるべく休まないように思っていましたが、走り込みが足らなく心が度々折れます。
1分程度の細かい休みがたくさん入ってしまい、結果としてタイムは悪かった。
前回、補給を切らしてしまったので、初めて最初の沢で水を補給しますが、
結局これは使わず沢2まで持ちました。途中で鹿2頭と遭遇。

12:10沢2補給(4分休憩)
今回はあえてGPSを見ずに地形を想像しながら進む。川筋では下がり尾根筋では上がる。
沢2までの前半は基本上りということを覚悟するとそんなに辛くはなかった。
沢2ではボトル2本水補給するも、結局1本分しか消費しなかった。
食料はウイダー2本と羊羹1本で持ちました。こまめに補給するのが重要。

13:10林道1終点(3分休憩)
沢2からの上りと林道2のがれた上りでリア34Tが活躍。他では30Tをメインに使用。
林道1を走破した段階で14時までのターニップのランチセットは難しくなった。

13:15林道2始点
しばらくは結構長めなダート下りだがトレースが1本しかなくバイクとの対面が怖い。
下り疲れた分岐あたりからようやく上り。しかし砂利が深く走行に苦労する。

13:40疲労による大休止(10分休憩)
さらにそれに急勾配が加わったところでギブアップ。今回疲労による休憩はここだけ。
このセクションのがれた赤土は美しく凶暴で芸術的ですらある。

14:20林道2終点
林道2の下り始めはかなりがれていて、こちらから上るというのはやはり無謀。
輪行袋の落下が心配なのでゆっくりと下る。尻を浮かせ踏ん張ると脚の筋肉が辛い。

14:30ターニップにて昼食(35分休憩)
ランチセットは終わっているものの、店自体は15時まで開いているので入店。
焼きカレーのセットを注文。ようやく人間性を取り戻したような気分になる。
エネルギーはジェルで足りていたのでこれは結局夕食代わりに。

16:15巾着田着
飯能への道中、コスモスは満開でしたが路端の彼岸花はほとんど枯れかけていたので
躊躇しましたが、結局途中から山を越えて巾着田へ。
あまり期待していなかったのですが、彼岸花が森のなかで一面咲き誇っている様は圧巻。
素晴らしかったです。他にコスモス畑やポニー、馬らの牧場も併設されていた。結構広い。

16:30巾着田発
ここから飯能までは意外なことに少しのぼりますが、巾着田への上りで右膝脇が
一時的に痛んだ以外は身体にトラブルは出なかった。ニューハレテープのおかげか。

16:50飯能駅
いろいろと疲れきりました。来週の有効な練習になっていたら良いのですが。

・走行距離:80.4km
・獲得標高差:1349m
・最高標高:923m

にほんブログ村 MTB

« 適材適所 | トップページ | バルバラ・カポキン国際建築ビエンナーレ講演会 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/57511377

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見想定練:

« 適材適所 | トップページ | バルバラ・カポキン国際建築ビエンナーレ講演会 »