« 鉄道至上主義 | トップページ | 足す美学、引く美学 »

2014年9月 3日 (水)

高架か地下か

京王線は高架化に向けて着々と準備を進めていますが、200pxdunelmview
高架に反対し地下化を求める動きもあります。
しかしこういうのは都知事の鶴の一声でもない限りまず覆らない。

地下化を避ける最大の要因はコストでしょう。
安全面でも日本では地下のほうが優れていると思います。

反対派の主張は景観面。これは数値化できないので議論が難しい。
構造をアラップ社にでも頼めば無骨さはクリアできるように思いますが。

都も京王電鉄も建築物に関する意識が低いのは確かでしょう。
調布駅前に建っていた妹島和世氏による交番を駅の地下化によって
なぜか取り壊してしまったほどですから。

写真はアラップによる橋。

にほんブログ村 建築・建築物

« 鉄道至上主義 | トップページ | 足す美学、引く美学 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/57256117

この記事へのトラックバック一覧です: 高架か地下か:

« 鉄道至上主義 | トップページ | 足す美学、引く美学 »