« 富士見仕様で里山まで | トップページ | プロポーション »

2014年9月25日 (木)

恐怖心

MTBのDH競技のビデオを見ていて、防具を完璧にすれば行けるのではないかと
思ったりしましたが、いざ自分がMTBでシングルトラックに入ったりすると、
前輪が少しでも滑りそうな場面では恐怖心が湧いてきます。

スピードなんてほとんど出ていないので転けてもダメージは少ないでしょうが怖い。
この感情、どちらかと言うと頭で考えたもので考え過ぎというケースは多いですが、
一回出てしまうと抑えるのがなかなか難しかったりします。

これは高さで置き換えるとわかりやすい。地上階から1階屋根に脚立で上る場合と、
2階テラスから2階屋上にのぼるのでは高低差は同じなのですが後者のほうが怖い。
足を踏み外して落ちてもダメージは一緒と思い込もうとするも身体は硬直してしまう。

これは自邸の改修とTVアンテナ絡みで実体験し、2階屋上から下りれなくなるところでした。
一回、脚立最上段に両足を乗せたのですが動けなくなり退却。
結局目をつぶって降りました。そのほうが危険なのですがどうにもならなかった。

この恐怖感、体調によっても変わります。以前はリビングから玄関上に足場板を渡し
吹き抜け上部の窓を開閉できていましたが、今はできなくなってしまいました。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 富士見仕様で里山まで | トップページ | プロポーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/57483257

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖心:

« 富士見仕様で里山まで | トップページ | プロポーション »