« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

ナンバーワンとオンリーワン

SMAPによる有名な歌で、上手いこと言うなあと感心された方も多いのでは。61lvqroq6nl_sl500_aa300_
一方でナンバーワンになる努力を放棄することに嘆く方もいらっしゃるようです。

ぼくはこのふたつは社会と文化を代表しているのではないかと思います。

例えば結婚。社会から見ればそれは子孫存続のシステムで、
インドなどでは同じ階層の人間としか結婚できない制度が残っている。
さらに子どもを競争に晒すことで、その頭脳レベルを引き上げようと試みたり。

文化から見れば結婚は恋愛の延長です。一緒にいたいからそうする。目的はない。
恋愛は単一な価値の元の競争ではなく、その基準はひとによってばらばらです。
映画の台詞にありましたが、スペシャルな人のスペシャルになりたいってこと。

ぼくは社会の端っこにいて文化養護派なのでオンリーワンを支持します。
だいたい芸術の価値観なんて常に変化しているわけで、
死んでから100年後に認められるかもしれない。それでも構わないと思っています。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月30日 (木)

Silent Despair

このPVは今見ても非常にわかりやすいのだが、20141029_204152
絶望というものはこの歳になっても静かに横たわっていたりする。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月29日 (水)

コロンブスの卵

夏沢峠に行く前から後ギアの変速の調子が悪いのは感じていて、0010549
てっきりまたディレイラーハンガーの曲げ戻しが足らなかったのかと思いましたが、
帰宅してからハンガーを外してテーブルの上に乗せてもまっ平らで歪みなし。

ストロークの量がずれているのでもしやと思い、RDのワイヤーをいったん外し、
ディレイラーに刻まれているガイドに沿って再固定したら復活した模様。なあんだ。

が、この時車輪をはめようとしたらちょっと引っかかる感じがありました。
おかしいなと思い車輪を外そうとするもダメ。ディレイラーハンガーがまた
赤三角のところで歪んでました。これで実に4回め。帰りの輪行の時にやられたのでしょう。

ただ今回はふと気づきました。この方向に曲げ戻すのは難しいですが、
出口が引っかかっているのが問題なので、その分削ればいいんじゃない?
パーツは軽合金製なので金ヤスリで削れ、錆びることも恐らくない。

これは発見でした。難なく解決。
しかし今まで交換してきたハンガーは全て捨ててしまった様子。
あー、削ればまだまだ使えたのになと思うも後の祭りでした。

にほんブログ村 MTB

2014年10月28日 (火)

自宅改修4期完工

写真下を見ていただいたらよくこんな状態で住んでいたなと思われるかもしれませんが、R0011402
自邸の中で最も傷んでいる2階デッキスノコとファサード木摺スクリーンを新調しました。

デッキは日の字型の木のネダは保存し、スノコは木繊維入の樹脂製に変更しました。
スクリーンは木摺をそのまま下地材として、白のガルバリウム鋼板を平葺きしています。

どちらも設計では大したことはしていないのですが、大工さん、板金屋さんの施工精度は素晴らしい。
建築材料という重量級のものを扱いながら、この気遣いができるという点、脱帽です。

ありがとうございました。

にほんブログ村 建築・建築物

2014年10月27日 (月)

夏沢峠2日め

3時くらいに目が覚めて荷物の整理をし、ラウンジでまったりしていましたが、
寒くてゴアテックスを羽織る。4時台になると出かける人もちらほら。R0011383
自分も行きたかったがヘッドライトだけを頼りに知らない登山道へ入るのは危険。

5時半から朝食で、かきこんですぐ出発するも入り口がわからず10分のロス。
なぜこんなに焦っていたかというと、夏沢峠を下りてから三国峠まで行こうとしていたから。
しかし思惑に反してロスタイムはどんどん膨らんでいきます。

朝イチで登ろうとしていたのは赤岩の頭。夏沢峠から硫黄岳は昨年通っているので、
今回はオーレン小屋から直接登るルートを選択。途中で引き返すはずが、
森林限界を越えたところで赤岩の頭より硫黄岳の方の岩山に惹かれてしまいました。

この岩山、クリアするとまたその先に岩山があり、結局硫黄岳まで登ってしまいました。
山頂に新鮮味はありませんでしたが、登る途中で赤岳、阿弥陀岳の連なりが見えたのは収穫。
しかしここでも小屋−峠間の150mの高さの登り降りがタイムロスにつながる。登山に2時間。

宿まで下りたところでゴアテックスをしまおうとするも手がかじかんで作業が進まない。
夏沢峠までは前半が押し、後半が担ぎとなり、これがこの旅唯一の担ぎになりました。
結局峠に着いたのは8:20。去年より50分遅れ。休まずに通過します。

本沢温泉への下りは確かに乗れない。後半はマシだが全体を通してみると乗車率5割程度。
ここの下りの中間辺りでプシュという音を聞きます。が、恐らくスローパンクなので放置。

本沢温泉から下はダブルトラックのダートが本沢入り口まで続きます。
ぼくはてっきりこれが舗装路だとばかり思っていて、だから昨年はミドリ池に行った。
これだけダート下りがあるなら、上のシングルトラックで乗れなくても満足です。

が、ダブトラが終わる少し前の地点で前輪がとられるようになりパンク修理。
サイドカット部を下にして少しもんでやると一旦空気漏れはおさまったので
とりあえず適正空気圧まで上げて再スタート。15分のロス。

舗装された林道を左折すると紅葉が素晴らしい。上には爆裂火口がはっきり見えます。
結構長いワインディングを下っていると再び前輪の空気抜け。修理15分。
ここでようやく人里に帰ってきました。ほっとします。

この時点で10:40。松原湖から信濃川上までの距離が気になっていました。
12時には着いていたい。一方で三国峠に行くにはタイヤにチューブを入れねばならず、
しかしサイドカットがあってタイヤブートはシーラントがあるので接着できない。

せっかく人里にまで出てきたのに何を好き好んでまた山奥へ?という思いもあったし、
中津川林道で目当てだったロングダートも紅葉も既に堪能したではないか。
で、結局松原湖駅から輪行、終了することにしました。時間は11時。

小海線に乗って小淵沢に向かう途中、信濃川上で降りたい気にかられました。
そこで11時半過ぎだったので現実的ではありますが、メールで連れ合いと
夕食の約束をしてしまっていたので、そこはぐっと我慢して帰路につきました。

・走行距離:25.5km
・獲得標高差:618m
・最高標高:2738m

にほんブログ村 MTB

夏沢峠初日

この夏行かれた方が多かったのと寒くなる前の天気のいい土日ということで行ってきました。
R0011370
新宿7時のスーパーあずさ、指定が取れなかったので40分前に自由席の列に並ぶ。
何とか座れましたが、車内は甲府あたりまで立って乗っている人もいてぎゅうぎゅう。
おそらく紅葉目当ての観光客だったのだと思います。

茅野駅にて自転車を組み立て、9時半スタート。今回は迷走した前回の教訓を活かし、
メルヘン街道によるアプローチ。斜度は緩く一定で順調に高度を稼いでいく。
ただまたRDに変速不良発生。ディレイラーハンガーの再修正が必要なようです。

1時間ほどして最後の自販機で補給。三井の森に突入。紅葉が綺麗でした。
11:20ごろ三井の森の表札に到着。その先唐沢鉱泉分岐まではフロントアウター。
ここからダートが始まりますが、最初の方は勾配もさほどなく快適な道。

が、道が南下を始めるあたりからところどころに簡易舗装が出てきます。
これ、自動車のスリップ防止のためのもので、まあきついのなんの。
最後のほうは押しも入りました。桜平到着は12:40。観光客は誰もいない。

桜平からは押しに入るのですが、山サイのダブトラってこんなに勾配あったっけ?
壁のように見える坂にげんなりします。夏沢鉱泉の手前の勾配もきつかった。13:10着。

今回は夏沢鉱泉で入浴、食事をとってみました。お湯は硫黄臭のするまさに温泉。
シャンプー・リンス類が使えるのが嬉しい。食堂で頼んだぜんざいに餅は入ってなかった。

2時ころ再スタート。オーレン小屋まで前回はだいぶ担ぎましたが、押しで通しました。
森の樹木の香りが心地よい。オーレン小屋へは50分ほどで到着。
まだ日は高いので、自転車をおいてそのまま登山に入ります。

向かうは前回足を踏み入れなかった北八ヶ岳。箕冠山を目指しますが眺望がない。
で、もう少し進んでみるとぱっと景色が開けて天狗岳が姿を表しました。
その手前にある山が根石岳で結局ここまで登ってしまいました。

根石岳からは西天狗、東天狗や東方の下界の景色が開けて圧巻でした。
硫黄岳の爆裂火口も遠望され、赤岳と思われる山頂部分もちょこっと見えました。
さて日が傾いてきたので撤収。往復2時間半ほどのハイキングとなりました。

宿泊するオーレン小屋にチェックイン。山道に人は少なかったですが宿泊客は多かった。
来週で山小屋が冬ごもりするせいだろうか。ここでまた風呂に入り、夕食。
メニューは有名な馬肉のすきやき。やはり美味しい。値段が張るだけあってグレード高し。

・走行距離:28.4km
・獲得標高差:1753m
・最高標高:2592m

にほんブログ村 MTB

2014年10月26日 (日)

ファビコンとアップルタッチアイコン

Safari8からアドレスを入力するフィールドをクリックするとブックマークバーが20141024_132205
ポップアップされるようになりました。ここにアイコンが使われています。(写真)

この画面の自分のHPのアイコンを表示させようとして四苦八苦。
最初はこれ、大きいからiPhoneで使われるアップルタッチアイコンかと思いました。
で、152px角で作成し、アップするも反映されない。

もしかしたらファビコンの大きいもの?と思って調べたら複数サイズがデフォルトらしい。
で、16px角、24px角、32px角、64px角とつくってアップロード。でもダメ。

キャッシュをいくらクリアしてもNGなので履歴とWebサイトデータを消去。
Safari8では履歴のみの消去はできないようで、一緒にCookieも消されてしまいます。

するとログインが必要なサイトは全てやりなおし。パスワードなんていちいち覚えて
ないので苦労しました。特にmixiとtwitterは難関でした。

ここでようやくうちのHPのアイコンが表示されました。たぶんファビコンの方。
ついでにブログの方も同じファビコンをアップ。これは便利なサイトがあってすぐ解決しました。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月25日 (土)

なんてったってアイドル?

小泉今日子が、アイドルはやめれなーいと歌った頃の芸能界は単純に憧れでした。Img_699892_22543116_0

ピンクレディーとかめちゃくちゃ多忙だったとか後に報道されますが、
引退してしまえば、はいさようなら、で平穏な生活が期待できました。

その点、本当に辛そうだったのは渥美清さん。死ぬまで寅さんを演じ続けた。
いつでもどこでも調子が良くて人のいい寅さんであらねばならなかった。

でも彼は少なくとも寅さんのプロではあった。芸人とかテキ屋とかでも通用する能力。
しかし腰掛け程度にいろんな役を与えられる今のタレント、アイドルは何者にもなれない。

何者かの真似だけをして一生が終わる。もてはやされるがそれって本当に幸せなのだろうか。
アイドルは怒ってはいけません。偏った思想信条もNG。異性ファンのために結婚すら無理。

例えば嵐の櫻井くんとか、学歴があってトークが上手くてイケメン。
一般人として生活していたら、仕事で成功して出世し、きれいな奥さんもらって子どもを授かり
そういった、ありふれているけどなかなか手にできない幸せをゲットできたかもしれません。

先日、矢口真里さんが1年半ぶりくらいにテレビに復帰しようとされていましたが、
芸能界という特殊な世界で生きることはそんなに価値があることなのでしょうか。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月24日 (金)

やっぱり漏れる

MTBのチューブレス化したホイールで都心まで往復15キロほど走ってみました。

今回はフロントやリアアップなどなしで普通に乗ってみて、前後とも朝に2.2bar以上は
入れたと思いますが、帰ってみるとリアは1.8barに、フロントはもっと落ちていました。
2時間ちょっとでこれではやはり不安が残ります。

今ついているSchwarbeのRacing Ralphはとにかく薄くてタイヤサイドなんて特に。
チューブレスレディだと思うのですが、シーラントを入れないと繊維がちょっと
ほつれているかなという程度の傷で、空気が全て抜けてしまうような有り様です。

現状でタイヤ内に残るシーラントはそれぞれ15mlくらいでしょうか。
週末はこれで出かけてみますが、どれくらいの頻度で空気を入れるべきか。
あまり面倒なようならチューブを入れてしまおうと思っています。

タイヤ内で剥がれてしまったタイヤブートは撤去済。

にほんブログ村 MTB

2014年10月23日 (木)

ザハ・ハディド

招待券を入手したのでザハ・ハディド展を見に行ってきました。R0011337

*ザハ・ハディド/東京オペラシティアートギャラリー
 141223まで/11:00−19:00(−20:00金土)/月休/1200円

このギャラリーへ行かれたことがある方は多いかと思いますが、今回間仕切は1箇所のみ。
実質、展示室2部屋だけだと考えると、この料金は高すぎます。
実際、展示されたプロジェクトの数は少なく、30分のスライドヴィデオで補うほど。

ただその展示が、実現しなかったザ・ピーク、麻布十番のビル、富ヶ谷のビルの模型を
含んでいるとなると、希少性は高いと思います。なので建築に詳しい人には納得価格か。

ヴィデオを見ていると意外なほど多くの実作を残しています。未発表なものもあるのか。

模型を出品している実作は、ヴィトラ社消防署、ロンドン・アクアティクス・センター、
ローゼンタール現代美術センター、ベルクイーゼル・スキー・ジャンプ台、
フェーノ科学センター、MAXXI国立21世紀美術館、BMW中央ビルの7つ。

でも感心したのはヴィトラとフェーノくらい。BMWは判別不能。
良作である確率は年々下がってきている感じがします。特に中国のプロジェクトはどれもひどい。
日本の新国立競技場も残念ながら悪い部類に入っているように思います。

気分屋なのでしょうか。初期のザ・ピークや富ヶ谷のビルにあるしびれる感じは今はもうない。
彼女の造形は自由ですが、そこにキモがないとただの腑抜けになってしまう傾向がある。
ぼくはそれは単独な斜柱を代表とする切り詰められた構造体ではないかと推測しています。

その点、新国立競技場の2本のアーチはいかにもありきたりな一方、
ザ・ピークの斜柱は単純ですがとても魅力的に映りました。

にほんブログ村 建築・建築物

2014年10月22日 (水)

チューブレス再び

先日の王滝打ち上げで最後のほうで話題になり、チューブレス普通でしょ?R0011336
って流れになったので、鳴木屋輪店にシーラントを買いに行き、再度トライ。
店主の鈴木さんによると空気の抜けはケースバイケースだそうな。

とりあえず後輪。サイドカットの場所にタイヤブートを貼るもこれは全く効かず。
バルブがばらせないタイプなのでタイヤを一部外してシーラント注入。
全周でビードを上げた後フロアポンプで空気を入れます。

バツンバツンとタイヤが嵌まりサイドカットの箇所からは白い泡が。(写真)
しかしすぐおさまりました。タイヤレバーを使っていたのでリム際が心配でしたがセーフ。
車輪を傾けたりしながらグルグル回してシーラントを行き渡らせます。

前輪の方もサイドカット箇所はあるのですが、こちらは泡を吹くこともなくあっけなく終了。
が、昨日少し走ってみてフロントやリアを上げたりしたらプシュー。
ともにエア圧は落ちていましたが、前輪の方がひどい。やはりサイドカットした部分からの漏れ。

で、カットした部分に貼ったマスキングテープを剥がしてみたら追い打ちを掛けるように 、
シーラントが吹き出して周囲に水たまりができるほど。
一応止まりましたが、もうあまりタイヤ内にシーラントは残っていないかも。

うーん、この不安定な状態で夏沢峠行けるか?

にほんブログ村 MTB

2014年10月21日 (火)

王滝打ち上げ

yさんの呼びかけで9王の打ち上げに、出走してもいないのに参加してきました。
いつものお店、90分食べ放題飲み放題で気持ち悪くなるまで食べました。
参加者9名。話題は自転車からPCにまで至り、ぼくにしてはよく話した。

SDA王滝は御嶽山噴火の1周年追悼までは中止でしょうか。
するとこの打ち上げも来年はないのかな。ちょっと寂しいですね。
ぼくは来年のレースは富士見リベンジがメインとなりそう。

なにはともあれ皆様おつかれさまでした&ありがとうございました。

にほんブログ村 MTB

2014年10月20日 (月)

今週末の予定

寒さもだいぶ厳しくなり、高所への山サイはそろそろシーズンオフ。Rimg0052
今週末は三斗小屋温泉を考えていましたが、大黒屋、煙草屋、両方とも満室な上、
三斗小屋宿跡、麦飯坂の橋が流出して黒磯方面に出られない模様。

ならば大峠方面に抜けるかと思うが三斗小屋宿跡からのルートは山地図にない。
三斗小屋温泉から直に大峠に出る道はヤマレコとかでも紹介されていますが、
ロープを伝う場面があるので自転車はバラして背負うのが前提に。

しかしそうなると乗れるところは大峠から会津田島への下りくらいでこれもどうか。

ということで三斗小屋は断念し、オーレン小屋、夏沢峠にスイッチします。
オーレン小屋の営業は11月2日までだからぎりぎり。延期なし。本沢温泉は省略。
要項は去年5月の前回と同じ。2日め本当に余裕があったら三国峠まで行きます。

にほんブログ村 MTB

2014年10月19日 (日)

ひとりでやる

今回自宅改修をお願いした大工さんはひとりで3日で2階のデッキ撤去、ネダ入れR0011332
デッキ張りと済ませてしまいました。そのあと1日でファサードに足場掛け。
足場掛けは本来鳶の仕事ですが、外注すると高くつくらしい。

この前お世話になった大滝村の民宿も女将さんひとりでまわしていました。
4時半に飛び込んでまだ何の準備もしていなかったのに5時半には夕食ができていた。
衣類やシーツの洗濯も外注する環境にはないのでおそらく全部女将さんがやっている。

この両者に見られるように、細々とでも長く続けていくにはひとりでできたほうがいい。
その方がいつでも辞められるし、またいつでも復帰できる自由がある。

ぼくは経理やHP作成運営、簡易な構造計算などはひとりでやってしまいます。
もちろん図面、パース、模型作成、撮影も全てひとりでやっています。
自宅の不動産登記も自分ひとりでやってしまいました。今や再現は難しいですが。

ただそうなると身体が資本になってきますので、健康への留意は大切です。
そういう意味でも自転車には長く乗っていられたらと思っています。

にほんブログ村 建築・建築物

2014年10月18日 (土)

OSX10.10 Yosemite

OSXの1年ぶりのメジャーアップデート、Yosemiteが昨日リリースされました。20141017_104300
機能的にはさほど目新しい物はありませんが、アイコンやフォントの細かい部分をいじっています。

基本的にはiOSで使われているフラットデザインに近づけているようで、
アイコンは平板に、またカラフルに生まれ変わっています。

アクセントとなるテーマカラーはブルー。フォルダもこの色に統一されています。
これは最近の流行りを意識しているのでしょうか。だとしたら残念です。
流行はピンクからブルーに移って既にグリーンが台頭してきていますので。

アイコンやフォントはなんか窮屈な方にシフトしてしまいました。
これはMac OSの歴史から見ても例外的な流れです。
MacはWinに対して間を重んじたゆとりある画面構成が特徴ではなかったか。

Safariで開いたWebページよりシステムのフォントやプロポーションが劣るってまずくないか?
例えばfeedlyとか。もはやMacよりMacらしいと言ってもいいかもしれない。

iCloudを見る限りiOSの方はこれほどの劣化はまだ起こしていないようです。
もしかしたらApple社内でOSXの地位が下がってきているのかもしれません。
iMac、MBP、MBAの販売台数はiPhoneとiPadには遠く及ばないというのが実状でしょうし。

写真は色目が合うかと設定した壁紙。金峰山小屋から撮影した早朝の空ですが、
ドロップダウンメニューが透けるという設定なため不自然に青くなってしまい、失敗。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月17日 (金)

歩行速度

清水峠で白樺避難小屋を過ぎ、傾斜が緩くなったにも関わらず極端に歩行速度が落ちた。R0011269
ログを見てみるとほとんどが1km/h台でたまに2km/h台。渡渉の場面ではゼロに近くなる。

恐らく原因としては雨と疲労によるメンタルの低下、上り、登山道、自転車押し。
この辺りが考えられます。今回自転車抜きのの登山をしてみてすごく身軽に感じました。

今回の金峰山往復のログによると2km/h台がメインでたまに3km/h台、上りは1km/h台。
清水峠の時よりは速いものの、平坦が少ない登山道はどうしても歩行速度は落ちます。

これが林道になると今回の中津川林道下り押しの場合、4km/h台でキープできています。
車道の下り押しは自転車はハンディになりません。ただ林道はクルマ前提で考えられているので
施設等までの距離が登山道と比べると長い傾向はあると思います。

にほんブログ村 MTB

2014年10月16日 (木)

チューブレス?

今回の林道で3箇所も後輪リム打ちパンク。リアサスがあれば少しは回避できるのでしょうが10734198_10152835433456060_84730333
一方でチューブレスにしてしまうという選択肢もあります。今のホイールはチューブレス対応。
タイヤは確認できませんがチューブレスレディではあったような記憶が。

で、一回チューブを入れない状態でエアを入れてみました。ビードを上げるため素早いポンピング。
が、タイヤ側面にある僅かな傷から空気が抜け、しばらく経つとまたぺしゃんこに。
結局、チューブを入れて修理しましたが、よくわからないので小川輪業に行ってきました。

パンク修理セットとタイヤブートを買い、チューブレスについてお話を伺う。
チューブレスにしても本番ではシーラントは入れるらしい。それでもパンクしたらチューブを入れる。
サイドカットした部分はシーラントは効かない可能性が大きいとのこと。

またチューブレスはエア漏れが大きいのでこまめなメンテナンスが必要。
手軽さで言えばチューブドに軍配が上がりそう。ランニングコストも多分優れている。
チューブレスはタイヤがはまらないっていう話も聞くし、当面は保留としておきます。
林道下るときはあらかじめ、後輪のエアを追加していくということで。

にほんブログ村 MTB

2014年10月15日 (水)

2階デッキ工事報告

自邸の2階デッキの張替えが今週、2階ファサード木摺りの金属板被覆が来週入ります。R0011324

写真は2階デッキの下地ネダが新設されたところ。デッキ材の施工要項で詳しく規定されていて
基本は75×75@400としています。以前の45×90@600と比べるとピッチが細かく受け面が広い。

でも普通の木材デッキでもこれくらいの仕様にしたほうが持ちがいいのは確か。
同じ木材でも設計によって寿命はだいぶ違ってくるものです。

にほんブログ村 建築・建築物

2014年10月14日 (火)

大弛峠、金峰山、中津川林道2日め

3時過ぎに目覚めると全身に痛みは感じられない。ニューハレテープのおかげか。R0011318
朝食は一転して質素におかゆのみ。ただテーブルごとに置かれた漬け物は美味しかった。

小屋を6時ころ出発して昨日とは違う千代の吹上方面へ。奇岩に登ります。
言われるほど南側は急峻な崖地というわけでもない。少し戻って山頂へ。
朝はやはり寒いので、ここまではゴアの雨具をかぶっていました。

6:45金峰山山頂。結局ガレガレの頂は通らないと帰れないようになっている。
前日よりひとつ高い岩まで登って写真撮影。前日もこの日もいい天気。15分休憩。

8:50前日と同じルートで戻る予定が、なぜか大弛峠−朝日峠間でログが異なっている。
朝日岳の登り返しがきついのは想像通りでしたが、最後の岩場は手を使えるので意外と楽。
朝日岳山頂からは遠く御嶽山の噴煙も確認できました。ウイダーの最後の補給。
大弛峠でまたコーヒー飲んでトイレ行っていざダート下りへ。25分休憩。

9:40ダート終了地点。先日見たDHに影響されて、平均速度20数キロで飛ばします。
が、これが車体にやさしいはずもなく、ダート終了地点で後輪パンク判明。
スネークバイトでしたがパッチを張ってもエア漏れが。仕方なく予備チューブにスイッチ。
HTはこういうシチュエイションでリスキーだと実感。40分のロスタイム。

10:50自販機での補給を経て梓山のデイリーで昼食の買い出し。5分休憩。

12:10三国峠。勾配が緩い分、大弛よりギアを1枚重く踏みましたが、最後がしんどかった。
汗をかいて途中で装備変え。ヘルメットとグローブは外しました。昼食休憩10分。

12:30二度めのパンク。再びのダート下りで先ほどの教訓は生かせませんでした。
また後輪のスネークバイト。パッチを当てるも空気を入れていくと抜けて行く音が。
ゴムのりの劣化です。しばらく放置してもちゃんとつかない。ノリが付いてあるパッチもダメ。

この時、大弛の下りでパンクしたチューブにもう一箇所スネークバイトがあることを発見。
こちらも修理してパッチは使い尽くしてしまっていた。苦し紛れにタイヤブートを2枚、
穴のある周囲をぐるりと貼って、とりあえずは走れそう。実に105分のロスタイム。

14:30再び停止。エア漏れがだんだんひどくなり、乗って下れる状態ではなくなる。
ここからは押し下り。最初の方は何度かエアを追加していましたがそれもしなくなる。
とりあえず明るいうちにダート区間を抜けるのが最優先という考え。

16:15秩父市の職員さんと遭遇。それ以降のことは昨日の記事参照。
あの時拾われなければ、おそらく18時前くらいにこまどり荘に着いて途方に暮れ、
携帯電話でタクシーを呼んで1万5千円もかけて三峰口まで行かざるを得なかったでしょう。
それも空腹で水も切れた状態で。

・走行距離:51.8km
・獲得標高差:738m
・最高標高:2601m

にほんブログ村 MTB

大弛峠、金峰山、中津川林道初日

阿佐ヶ谷まで自走。予定より1本早い4:29の電車に乗れた。塩山に6時半ころ着。R0011287
北口で自転車を組み立て。ウイダー2本補給。

6:40出発

6:45地味にしんどい緩やかな坂の上にあるセブンでおにぎり、菓子パン補給。10分休憩。
いつものトンネルより手前から登りに入るが、ここからすでに激坂。フロントはミドルに。
ヘルメット、グローブ、長袖ジャージを脱ぐ。たまらず足をつくこと数回。

8:00クリスタルライン入り口。勾配はやや緩くなる。補給はフラスクにハニースティンガー。

9:25琴平ダム。トイレ休憩15分。ボトル1本に水道水補給。紅葉はまだ。グローブ着用。
直後の激坂を制すると、平坦区間に。が、前回よりしんどく感じました。

11:20大休止10分。疲労の蓄積とともに高度で息が苦しい感じも。ヘルメット着用。蛇行。

12:05残り500mのところに最後の給水ポイント。ボトル1本補給。

12:10大弛峠着。前回より30分ほどタイム短縮。短い休憩がなければもう少し行けそう。
大弛小屋でコーヒーを飲み、自転車を駐車場脇に置かせて頂く。ウイダー1本補給。

12:45登山開始。いきなりきつい登りで脚が悲鳴を上げる。しばらくアップダウンが続く。
MTBツーリングブックにもあるルートだがガレや根っこが多く岩場もありお勧めできない。

13:40朝日岳大ナギ。一面の岩場だが南側の富士山の眺望などが素晴らしい。

13:55朝日岳山頂。鉄山、金峰山が遠くに見えるが登山道はここから急降下。10分休憩。

15:10金峰山山頂。こちらへの上りは緩やか。ハイマツが見え森林限界へ。
山頂付近はどうしてこんなというほど大きな岩がゴロゴロしていてガレガレ。
岩だらけで道迷いしそう。ストーンヘンジのような巨石、五丈石にはさすがに登れず。

15:25金峰山小屋方面へ下山開始。なんとかルートを発見するも屋根が見えるのははるか下。
岩場の急降下で苦労します。下山途中に山頂付近に山岳救助ヘリ登場。
山頂に降りる場はないのでホバリングで対応していた模様。

15:50金峰山小屋着。黒いラブラドールがお出迎え。夕食17:30朝食5:30風呂なし。
部屋は男女同部屋のドミトリー。女性は着替えに苦労していた模様。
とりあえず横になると全身から疲労感が。特に骨盤が痛み、自転車のほうが辛かった。

高山病なのか頭痛と耳鳴りもする。夕食は山小屋とは思えない豪華さ。
鳥の胸肉、バジルのパスタ、新鮮なサラダ、ご飯、スープ、メロンにワイン!
美味しかったです。たらふく食べてとっとと就寝。多分まだ6時位だったか。

・走行距離:39.8km
・獲得標高差:2248m
・最高標高:2597m

にほんブログ村 MTB

2014年10月13日 (月)

感謝!!

ツーリングより今日の昼、帰着しております。遅くなった理由は車体トラブル。R0011322
地元の方の感謝してもしきれないほどの手助けを頂き無事帰着した次第です。

三国峠からの顛末要約

・三国峠(0km)12:18、出発
・中津川林道(4.1km)12:29、パンク発生。既に予備チューブなし。ゴムのりが効かない。
 のり付きのパッチも効かない。パッチを使い果たす。緊急措置としてチューブに
 タイヤブートを巻く。
・中津川林道(6.1km)14:32、再スタートするも乗れる状態にはなくここから押し。
・中津川林道(12.8km)16:15、ダートは10kmだったと思っていたが実際は18km。
 とにかくダートを抜けることを最優先に押す。バイクや車の通行はしばしばあり。
 そのなかの1台、秩父市役所のnさんが台風による林道閉鎖のために巡回に来ていて
 軽トラの後部に自転車を載せ、集落まで送って頂く。
・こまどり荘(18.4km)16:38、BMXパークの人に連絡ととってもらうも不在。
 翌日バスで三峰口まで出るということにしてこの日は宿泊。
・民宿中津屋(19.5km)16:45、民宿を紹介して頂く。この日はここでnさんとお別れ。

翌日、バスが祭日運行だったため本数が少なく、民宿の女将さんがnさんに連絡。
家族で秩父の街に出るついでに載せていただけることに。休日なのに恐縮。
ちなみに民宿から三峰口まで28km、西武秩父までは41km。ひょいと行ける距離ではない。

nさん、家族の皆さん本当にありがとうございました。
秩父大滝村は人が温かいいいところです。中津川林道は11月30日まで開放されています。
中津峡のあたりは10月の末が紅葉の見頃とのこと。皆様是非足をお運びください。

にほんブログ村 MTB

2014年10月11日 (土)

本日大弛峠、中津川林道決行

2週連続の台風直撃予報で一度は2週間後に延期したこの企画ですが、20141010_142521
ぎりぎりで日曜まで天気が持ちそうなので、急遽決行することに。
今度の台風は本当に強烈らしいので、北側を通られたらそれこそ林道が崩壊する。

先週末は去年の9月の王滝パターンだと読んでその通りになりました。
アドベンチャーイン富士見は開催されたものの、出走は67名。DNS、DNF多数。
山の上はとても寒かったそうなので雨具を考えていない自分はDNSで正解でした。

今回も天気図を見ると2日目は雨っぽいのですが、予報だと西から高気圧が割り込んでくる。
いまいち信頼できませんが、2週間後だと更に寒くなり後がなくなるので決断しました。
気になった体力面は昨日自転車に乗ってみて踏めているので大丈夫かと判断。

なによりこの2週間にたまった鬱に耐えられなかった。行ってきます!

にほんブログ村 MTB

2014年10月10日 (金)

固定電話不要?

ファックスを廃止してから1年半ほど。いまだに送りつけようという人はいますが
さすがに量は減ってきていると思います。ちなみに送信は可能。

やっとFAX営業から解放されたと思ったら、今度は固定電話が気になり始めました。
事務所の電話番号は電話帳を始め、それこそ日本全土に公開されています。

まあある程度の営業は仕方ないかと思っていましたが、この間に携帯電話を持ち
本当に緊急に連絡することになりうる人には番号を伝えました。

すると携帯とメールで十分ではないかという気にもなってきました。
メールは着信拒否のフィルタでNGワードを100近く設定しています。

この2つに比べて固定電話をかけるハードルは低すぎる。
緊急ならそれこそ電報っていう手だってあります。

ああ、固定電話廃止したい。でも番号がないと何かと不便ではあるのよね。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月 9日 (木)

ジャポニズム

先日、パナソニック汐留ミュージアムのピエール・シャロー展を見た時Maisondeverre21
その代表作のガラスの家(1932年)に思わぬ発見がありました。

ガラスの家はパリのアパルトマンの大規模改修で、前庭のファサードは全てガラスブロック。
一方でこの建物には後庭があり、こちらは樹木伸び放題で特に整えてない様子。
こちらのファサードにはガラスブロックに混じって通常のガラス窓も見られます。

この上下に残るガラスブロックがまるで雪見障子の障子部分に見えました。
また部屋によっては腰壁に金箔のようなものも貼ってあり、やはり日本的に見えます。

絵画や版画の世界では19世紀末にジャポニズムが大きな影響を与えているし、
20世紀初頭の建築の初期のモダニズムも桂離宮など日本建築との共通項を発見しています。

ガラスの家ではそれは意図されたものかはわかりませんが、日本伝統建築との繋がりを感じます。
同様なものが1922年のシンドラー自邸、1949年のイームズ自邸などにも見られますが、
そこにはありのままの自然と共生する姿勢が共通して見えてくるようです。

にほんブログ村 建築・建築物

2014年10月 8日 (水)

虎ノ門

新橋に用事があったのでついでに虎ノ門まで歩いてきました。四半世紀ぶりくらい。20141007_164223

虎ノ門ヒルズの敷地と隣接したビルに最初に務めた事務所がありましたが、既に取り壊されています。
当時の記憶にある建物は殆ど残っていない。

当時はマッカーサー道路は都市計画決定済ではありましたが事業化はイメージできなかった。
道路のせいで開発は遅れ、低層住居が密集していてその奥には小さな緑深い山があり
上には愛宕神社が、下には狭いトンネルがあっていい雰囲気が残っていました。

しかし今や当時のそうした街の文脈は至るとこで寸断され、見る陰もありません。
極めつけは虎ノ門ヒルズで、愛宕神社の直ぐ側にあれを建てる感覚が理解できない。
今のところ周辺は商業地でもなんでもなく、主要な駅に接続しているということもない。

マッカーサー道路の地上部はシャンゼリゼのようにしたいとか知事は言ってますが、
これからたった6年でどうやったらにぎわいを持った道が造られるというのか。
表参道なんかと比べても現状で場の吸引力、魅力というのはゼロに近いというのに。

写真は在りし日の事務所ビル。ストリートビューのキャッシュに辛うじて残ってました。
ちなみに虎ノ門ヒルズの位置に建っていた虎ノ門17森ビルもプロポーションの良い建築でした。

にほんブログ村 建築・建築物

2014年10月 7日 (火)

ピークラウンジでアフタヌーンティ

東京台風直撃前日の日曜日は雨のなか、連れ合いと錦糸町、新宿とムーミングッズ巡り。R0011256
その後、送迎バスに乗ってパークハイアットまで、ピーク・ラウンジで昼食。

正しくはアフタヌーンティというセットですが土日は昼から提供されています。
予約なしでは眺望のない席に通されたので、予約したほうが無難。

アフタヌーンティの基本は写真のような英国式3段トレイ。
過去には帝国ホテルのインペリアルラウンジで頼んだことがあり、久しぶりの2度め。

上品な盛りつけですがランチとしては量が足らず、別に選べるアミューズやデザートを
取りまくりました。味はデザートが美味しかった。

食後の飲み物も付いてきます。これで3800円でそんなものかと思っていましたが、
グラスワインを頼んだり、サービス料、消費税が加わってあっという間に倍額近くに。。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月 6日 (月)

自然災害との共生

先日放映されたNHKスペシャル。御嶽山の噴火について取り上げていましたが、800pxmountredoubteruption
犠牲者やその家族に過剰なほどの取材をし、情を無理やり引き出し、
それをゲスト出演している火山噴火予知連絡会の会長にぶつけるやり方に違和感を覚えました。

予知連絡会の姿勢は予測困難だったということで一貫しています。
事前に警戒レベルを引き上げていれば犠牲は少なくて済んだのは確かでしょうが、
それには地場産業の利益や死活問題と絡んでくるのでそう簡単な話ではない。

今回の犠牲者数は60人前後と考えられています。一方で2008年の山岳遭難死者数は281人。
同じ自然災害の地震では阪神淡路が6434名、東日本が15889名。
これでも少なく済んだほうだと思います。日中に津波の備えのないところに起きたらと考えると。

犠牲者及び家族には申し訳ありませんが、今回のこれは過剰反応です。
大前提としてぼくら日本人は地殻の不安定な場所に住んでいて自然災害は不可避です。

住居からして木と泥と紙で出来たような華奢なものに住み続けてきました。
壊れたら建てなおしてを繰り返し、それが風習となっている。自然災害と共生する文化。

嫌だったら地盤の安定した西欧や米国東海岸に移り住んで石の家を建てればいいのです。
が、大島にしても三宅島にしても火山が噴火して全島避難になっても結局ひとは戻ってくる。
彼らが特殊なのではなくぼくらは災害と共生する遺伝子を皆受け継いでいるのではないか。

クラカタウ島は1883年の噴火で島ごと吹き飛びました。
西インド諸島のプレー山は1902年の噴火の火砕流で首都を瞬時に全滅させました。
火山の力というのは本来、今回のケースと比較にならないほどすさまじいものです。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2014年10月 5日 (日)

自邸第4期工事

見積が上がってきたので今月、自邸の改修工事が入ります。R0011249
内容は2階デッキ材の交換と木摺スクリーンへの金属板葺きです。

今までの工事は以下のとおり。
・第1期:2000年/新築工事
・第2期:2001年/ファサード木摺スクリーン設置工事
・第3期:2005年/寝室ロフト増床工事

今回、2014年が第4期にあたります。
スノコを一旦撤去するので、防水層の確認もするつもり。

にほんブログ村 建築・建築物

2014年10月 4日 (土)

アドベンチャーイン富士見DNS

富士見は台風に伴う前線の活動で雨、という去年の9月の王滝と同じシチュエイションで141005yohou
麓は止んでいても、山の上は雨でCコース上部まで延々風雨に打たれると予想。
後始末が大変だし、寒くて乗ってて楽しくないと思われるのでDNSと決定しました。

雨中走行は清水峠でもう十分。事故のリスクも上がりますし、
トラウムシだって決して他人ごとではない。また来年開催されれば参加しようと思います。

今回購入した補給食等は来週末の大弛峠に持っていきます。
ただ台風19号も後を追って接近してくるので不安は残りますが。

図は去年9月15日9時の天気図と明日9時の予報天気図比較。

にほんブログ村 MTB

2014年10月 3日 (金)

MTBタイヤサイドカット

5月の王滝でMTBの前輪が薄くサイドカットを起こしていました。R0011248
ちょうどロゴの位置にあたり、切れた部分で文字が歪んでいる。
傷は浅く買って間もないタイヤなので、修復を試みました。

まずは空気を抜いた状態で傷口を瞬間接着剤で固め、上にマスキングテープを貼る。
この段階ではタイヤ内側から損傷は確認できませんでした。
しかし1日も経つと傷口は広がり、マスキングテープにもヒビが入りました。失敗。

そこで根本的に修復するのに、タイヤ裏面にタイヤブートを貼ることに。
この時再度タイヤ裏面をチェックすると、僅かな損傷が見られました。
タイヤブートを使うのは初めてでしたが、意外と薄い。粘着力も弱そう。

これで一旦は傷口はフラットに修復されましたが、
1日経ってみるとまたマスキングテープにヒビが。

うーん、瞬間接着剤が余計なことだったのかもしれません。
とりあえずタイヤブートで強度は出ているはずなので、これで富士見は出走します。

にほんブログ村 MTB

2014年10月 2日 (木)

キーホルダー

以前つけていたコンパスのキーホルダーが壊れていたので新調しました。R0011217
今つけているのは、コンパス、ホイッスル、メジャーです。
他にはライトやナイフのキーホルダーもあるようです。

が、基本的には非常時用でほとんど使うことはありません。
お守り代わりってところでしょうか。

メジャーは仕事用です。
ボールペンなんかがあったら便利かも。

にほんブログ村 MTB

2014年10月 1日 (水)

富士見に向けて

週末のアドベンチャーイン富士見に向けて準備を進めています。R0011247
今のところ、天気予報は問題なし。

・シュラフ:車中泊用に簡易なシュラフをAmazonでポチりました。
・ジャージ:blue lugでセールをやっていたのでMTBっぽいのを購入。
 ザックを背負わないレースではバックポケットがやっぱり便利。
・補給食:ハニースティンガーと塩熱飴を購入済。ポカリとウィダーも購入。
・コースマップ:プリントアウトしてラミネート加工済。
・GPS:ルート、CPなどを入力済。

目標は完走。第1CPまでにトラブルさえなければ足切りにはかからなそう。
目安としては4時間、切れるといいなあ。

にほんブログ村 MTB

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »