« ショップレポ更新 | トップページ | ヤマビルを避けて »

2014年11月13日 (木)

MTBリアホイール修理

気づくとMTBのリアハブに軸方向のガタが出ていました。振動で車軸が音を立てます。Ea90xc

前にサーベロのCorimaのホイールでも似たようなことがありました。
トラクションが掛かるリアホイールはやはりダメージを受けやすいのでしょう。

MTBのEastonのホイールは以前ネットからベアリングの交換マニュアルを落としていました。
12ミリのアーレンキーと20ミリのコーンレンチが必要でしたが、なくてもなんとかなった。

まずスプロケットを外して、なかにあるエンドキャップを引き抜きます。
さらにカセットボディを引き抜くと12ミリアーレンキーのシャフトが現れます。

ハブの逆側のエンドキャップも引き抜き、シャフトをプライヤーで固定した状態で
アジャスターをモンキーでプラス方向に回します。これでおしまい。ガタはなくなりました。

MTBはここのところトラブル続きですが、点検は大事ですね。
ミニベロもリアブレーキシューがほとんど残っていなかったのでポチりました。
ついでにタイヤも安かったので、マキシスのDTHにチェンジ。

にほんブログ村 MTB

« ショップレポ更新 | トップページ | ヤマビルを避けて »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/57959618

この記事へのトラックバック一覧です: MTBリアホイール修理:

« ショップレポ更新 | トップページ | ヤマビルを避けて »