« ムーミンの年 | トップページ | トーベ・ヤンソン展 »

2014年11月16日 (日)

浅川峠、権現山

前夜にふと思いついて、今季初の低山シングルトラックを走ってきました。R0011617
目指すは権現山。ただ今回は過去2回和見棚頭林道からアクセスしたのに対し、
猿橋駅から浅川峠を経て西よりアプローチするプランとしてみました。

9:50猿橋
京王線が5分の遅延で高尾の接続がうまくゆかず予定より30分遅れてのスタート。
トイレに行ってコンビニで補給などしていたら10時近くになってしまいました。

スタートしてしばらくは川沿いの緩やかな上り。ただこれは浅川入口で下ってしまう。
再び緩やかな上りが始まりますが、ときたま急坂が紛れ込んでいます。

10:45浅川バス停
バス停から右奥に進むこと。そのまま舗装路を行くとミスコースになります。
ぼくはこれで激坂を高さ56mも上ってしまいました。

右奥に進むと雰囲気のいいダートに変わりますがだんだん荒れてきて、
途中から完全な登山道に。踏み幅が狭いので担ぎになります。

11:35浅川峠
結構な斜度をクリアして浅川峠。ここから尾根道となります。
しばらくは勾配は緩く、乗車できるところもあります。

が、これが続くほどこのコースは甘くない。権現山までは実に440m担ぎ上げねばならない。
最後の1時間は靴が地面にぎりぎりグリップするレベルの斜度に苦しみます。
最後に東西の尾根に着いたら安心ではなく、一度下がってさらに上ります。鬼ですね。

13:05権現山山頂、30分昼食休憩
なんとか山頂に着くと一気に景色が広がります。周囲にここより高い山はなく、
富士山は真正面にどどんと見えます。風が強い日でしたが山頂は暖かかった。

14:45芦垣下
大ムレ権現からはほぼ100%乗車できるシングルトラック。最初のあたりは登り返しもありますが
なんとか乗車でクリアできます。二本杉までは本当に極楽のような道。ハイカーもいない。
この季節、落ち葉で路面が覆われていますが、その下に岩や根っこがあるということも少ない。

ただこの日はメンタルでしんどく感じることが多く、停車回数は多かった。
危惧したニュータイヤは2.5と比較的高圧にしたにもかかわらずグリップはいい。
斜面を横切ったりブレーキングで滑った記憶はありません。ただリアブレーキから時々異音が。

14:50点検など休憩補給、フロント変速調整(−15:15)
何故かフロント変速に異常が。ワイヤーを張り直したら回復しましたが原因不明。

15:40上野原
結果として今回の担ぎ上げは2時間20分にも及び、50分であった以前のルートと比べ
格段に厳しい物でした。最後は平均斜度33.3%の上りが45分間も続きます。
浅川峠への上りでも28.1%の上りが20分。一度経験すれば十分だと思いました。

・走行距離:30.1km
・獲得標高差:1221m
・最高標高:1310m

にほんブログ村 MTB

« ムーミンの年 | トップページ | トーベ・ヤンソン展 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/57998329

この記事へのトラックバック一覧です: 浅川峠、権現山:

« ムーミンの年 | トップページ | トーベ・ヤンソン展 »