« クラック? | トップページ | 奇子 »

2014年11月 9日 (日)

中津川林道、八丁峠

1ヶ月前に敗退した中津川林道にリベンジしに行きました。R0011594
3年前と全く同じではつまらないので、時間があれば八丁峠に行くことに。
天気は夕方に崩れる予報でしたが、長野側では青空すら拝むことができました。

朝は悠長に新宿8時発のスーパーあずさでアクセス。
これ以前のあずさだと小海線での接続がありません。
この日も車内は混雑していてディレイラーハンガーはまた曲がりました。

信濃川上は11:10発。後方のフェンダーが輪行袋と干渉して取り付けられず、
後々、パンツとヒップバッグに盛大な泥が付いてしまうことになります。要検討。

途中川上村の林業センターを見学したあと、秋山の分岐は11:50に通過。
途中10分の休憩を入れて、三国峠は13時着。フロントはミドルで通しました。

カレー味のカップヌードルをつくって食しますが、なんか酸っぱい。
腐ってたのかとも思いましたが、原因は使った水がみかん味だったというものでした。

13:25に中津川林道に突入。しばらくは慣れなくてスピードが出せませんでした。
ガレは思ったほどではなく前回あれほどあっけなくパンクしたのが嘘のよう。
路面はところどころマッドで、身体中が泥だらけになります。

後半、直線部分が長くなってからようやく勘を取り戻しました。
途中からは前回歩いた部分を乗車でパスしますが、まあよく歩いたものだ。

途中からカツカツという乾いた打撃音が気になっていて、停車してハンドル周りのボルト
全てを増し締めしても解決せず。こまどり荘で改めて点検してみるとサドル周りからの音。
輪行袋のなかの金属がシートポストに接触していました。袋を上下逆にして解決。

こまどり荘に着いたのは14:20。写真撮ったりパーツの確認をしていたら1時間かかりました。
ここで飲料補給。時間的に余裕はできたので八丁峠を目指すことにします。

が、この林道、雰囲気はいいのですがなかなか手強かったです。
川を離れてからはインナー−ローを使う場面も出てきました。寒いのに顔面汗だくになりました。
途中2回の休憩を入れ16:10クリア。

この峠、標高で1259mほどありますが、トンネルをくぐるとつづら折れで一気に下ってしまう。
志賀坂トンネルは標高778m程度で、これ以上の上り下りは国道299号を使えば不要です。
途中に日窒の廃墟があり、訪れるのは廃墟マニアくらいではなかろうか。

さてあとは豪快なダウンヒルなのですが、小鹿野町を過ぎたあたりから川面に降りて上り
を繰り返すようになります。おまけに最後の最後で道を迷ってしまい西武秩父到着は
18:10となりました。久々のナイトラン。気を使いました。

疲れきっていたので駅前の夢庵で夕食。温かい飲み物が身体にしみました。
デザートで頼んだソフト+かぼちゃのムース+黒蜜も美味しかった。
この日はグルメが一切なかったので、最後に救われた感じはありました。

・走行距離:96.0km
・獲得標高差:1277m
・最高標高:1731m

にほんブログ村 MTB

« クラック? | トップページ | 奇子 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/57930314

この記事へのトラックバック一覧です: 中津川林道、八丁峠:

« クラック? | トップページ | 奇子 »