« 最後はブレーキ | トップページ | 四万温泉より帰着 »

2014年11月22日 (土)

東京都自然公園ルール(案)

このところMTB愛好家の話題の中心になっている東京都自然公園ルール(案)。
東京都の高尾山周辺と武蔵五日市以西の奥多摩地区の自然公園を対象にし、
ハイカーとトレランとMTBの利用の取り決めをつくろうというものです。

なんでそんなに話題になっているかというと、トレランが大会の開催方法を含め
細かく利用ルールを定めているのに対し、MTBは乗り入れ禁止の一言で片付けられているから。

MTBのトレイル利用についてはとても繊細な問題で、法で厳密に規定されているものではなく
しかし登山道の本来の利用者のハイカーにとっては異物だし場合によっては危険な存在なので
それ故にMTBerは威圧感などを与えないようにマナーを守ってハイカーと共存してきました。

実際、MTBが使うルートというのは限られています。勾配が緩やかで階段や岩場がないコース。
ハイカーも比較的少ない、奥多摩方面でよく知られるルートは3本くらいです。
それも夏場はヤブや虫などで走れなくなるので実際使うのは11月から4月くらいまで。

ここで全面禁止となると他県への波及の恐れも考えられますので、
せめてこの3本だけでも容認してほしいと個人的には思っています。
ちなみに高尾山周辺はこの話題が出る前から自転車乗り入れ禁止になっているようです。

都では28日までパブリックコメントを募集しています。詳しくは下記サイト参照。
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/natural_environment/park/riyou-rule.html
ぼくはもう既に提出しています。記述内容は上記したものよりぼかしていますが。

にほんブログ村 MTB

« 最後はブレーキ | トップページ | 四万温泉より帰着 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/58050018

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都自然公園ルール(案):

« 最後はブレーキ | トップページ | 四万温泉より帰着 »