« 建築3題 | トップページ | 年賀状印刷顛末 »

2014年12月16日 (火)

A山特訓

yさんがA山に行くとのことで、単機出撃してきました。A山に複数人で行くのは2年ぶり3度目。R0011829
早めに着いたので、単独でサスケ坂方面へ。が、路面がえぐれていてアプローチから足つき。

サスケ坂は何度かトライしましたが、後輪が根っこに引っかかった時にペダルを外してしまう。
後にyさんに、それは脚を止めているからで強引に回すべしとのレクチャーを頂きました。

1時半にyさんとコンビニで合流。おニューのXTRのホイールは意外と地味だが車体にはマッチ。
遂に思い切った電動XTRは納品は来年になるとのこと。見たことすらないので楽しみです。

さて、アプローチ坂をサドル下げた状態で突入してしまい、いきなり心臓はMaxにバクバク。
ここからドラゴン坂下までバイクを交換して試乗させていただきました。

まず、下りはスーーッと進みます。表現しづらい感覚ですが26みたいに慌ただしくない。
これは車輪径が大きいせいかと思いましたが、その後の話でオーバーサイズのテーパードコラムや
15ミリのスルーアクスルによるものも大きいかと。とにかく前回りが安定しています。

一方上りはというと、じんわりと脚に来ます。いつの間にか重いギア踏んでた、というかんじ。
やはり慌ただしくないのですが、こちらではあまりメリットは感じませんでした。

自転車を元に戻して、次は外周路を一周。いやyさん上りも下りも速いのなんの。
下りについていくのが精一杯で、登りにかかるとあっという間にちぎれてしまう。
あまりに速くて心の準備もできず、ひたすら背中を追っていくと喉から心臓が出そうな状況に。

もう半周してからアプローチ坂上に下り、スーパーDHでとりあえず第一部終了。
第二部のサスケ坂は今回はアプローチは上れたものの、yさんいわく極難なコンディション。

しかしそれでも2回めのトライで難なくクリアされていました。ぼくはもう体力切れ。
境内まで自転車を押し上げ、まくられ坂を下ってこの日のライドは終了しました。

ここまで1時間も経っていなかったのですが、きつかった。
yさんありがとうございました。これで電動導入されたらどこまで速くなるのだろう。

にほんブログ村 MTB

« 建築3題 | トップページ | 年賀状印刷顛末 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/58271048

この記事へのトラックバック一覧です: A山特訓:

« 建築3題 | トップページ | 年賀状印刷顛末 »