« 今年の自転車的買い物 | トップページ | 横樋が歪んだ »

2014年12月 5日 (金)

ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰

*ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰/パナソニック汐留ミュージアムGinyu_s
 141226まで/10:00−18:00/無休/1000円

NHKの日曜美術館で取り上げられていたデ・キリコ展を見に行ってきました。
ぼくがキリコの絵に遭遇したのは1978年、ちょうど氏が亡くなった年で、
中学に上がった記念に買ってもらった百科事典に吟遊詩人の絵が載っていました。

そこで形而上という言葉を知り、大学入学時の自己紹介でメタフィジカルなものが好きと書いた。
大学の卒業設計にはその表紙に吟遊詩人のマネキンを2体、模写しました。
それはほとんど直感的な行動でしたが、振り返るとぼくの卒業設計のテーマは形而上だった。

もちろんその間キリコ一途だったわけでもなく、ムンクやマグリット、
クレーのファンにもなり、社会に出てからは現代美術の方に興味は移っています。

しかしなぜ吟遊詩人を引きずっていたかというと、他に情報がなかったから。
当時、キリコの画集というのはまず見なかったし、他には街の神秘と憂鬱くらいしか知らない。

それがようやく今回の展示で解消されました。残念ながら初期の作品は少なかったですが、
一言でいうとキリコは技術的に劣る。ダリやマグリットのような精緻な描写力はなく、
クレーのように線一本引くだけで詩情が湧いてくるような才能もない。

晩年にキリコが初期の作品に回帰し、しきりに複製を行っていたことに対し、
批判の声が多い一方で、アンディ・ウォーホルが現代美術の視点から賞賛したらしい。

その理由もわかりました。キリコは一生、吟遊詩人だけを描き続ければよかったのです。
描く作品みんなが傑作なんて天才はごく一部です。同じ形而上作家のモランディは、
後半生のほとんど、机の上の静物だけを描き続けましたが、彼のほうが正解でした。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 今年の自転車的買い物 | トップページ | 横樋が歪んだ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も汐留ミュージアムで「ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰」をみてきましたので、ご丁寧なご説明、ご感想を興味深く読ませていただきました。
全盛期のデ・キリコの作品は、観る人を現実から遊離した架空の世界に誘い込み、郷愁、幻想、不安、不条理の世界に誘い込み、不思議な気分を味あわせてくれるように感じました。見る人に幻想、不安、不条理な感覚を引き起こし、シュルレアリスムを先駆者として高く評価され、ダリ、マックス・エルンスト、ルネ・マグリットなどに、強い影響を与えたのですね。しかし、その後画風が大きく変わっていくのが分かりました。

私はこれを機会に過去に来日したデ・キリコの傑作と言われる作品を回顧して、デ・キリコの形而上絵画について整理してその魅力を考えてみました。読んでいただけると嬉しいです。ブログにご感想などコメントをいただけると感謝致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/58169278

この記事へのトラックバック一覧です: ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰:

« 今年の自転車的買い物 | トップページ | 横樋が歪んだ »