« ドロッパーポスト | トップページ | 財布紛失! »

2015年3月23日 (月)

死の直前に思うこと

先日の同期会で子供をもうけたばかりの同期が、50歳でもまだまだイケる!
という発言をしていて、まあ建築家ではカーンやゲーリー、ジョンソンみたいな例も
あるので、そういう感覚を持つのも悪くはないと思います。

ただ前にも書いたようにぼくは50歳以降は人間は死と親密になると考えていて、
例えば自律神経の失調は持病みたいなもので、今まで酷い立ちくらみに襲われたことは
数多くあるのですが、意識ははっきりしていて倒れないように努力はできた。

が、最近の症状は意識も飛ぶというか、考えようとしても考えられないという状態に
陥るようになりました。その際に何を考えようとしていたのかも忘れてしまう。
死ぬ時ってこういう感じなんだろうなあと思いました。

死というのは生理的な現象の一つで、本人にとっては悲劇ですらない。おそらく。
そこには感情の入る余地はないし、人生を総括するなんてとてもできない。
生物はみな知らぬ間に生まれて、知らぬ間に死んでいくのかもしれません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« ドロッパーポスト | トップページ | 財布紛失! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/59354056

この記事へのトラックバック一覧です: 死の直前に思うこと:

« ドロッパーポスト | トップページ | 財布紛失! »