« 横浜国大建築学科同期会 | トップページ | MCZvsKISS »

2015年3月10日 (火)

人生における賭け

ぼくにとって設計の講座に進むことと独立して設計事務所を営むことは、人生において
大きな2つの賭けでした。もちろん、ともにある程度の評価があっての決断ですが、
自信なんて正直なかった。他にはさほど思い切った決断はしてなく、そういう性格でもある。

もし設計の講座でなければ計画の講座に進んで、友人がそうしたように大学院まで進んだかも。
それを卒業する頃はバブルまっただ中だったので、大企業は選び放題。清水、大成、鹿島、竹中
あたりに無難に就職し、けど男子力が高い建築系人材に埋もれ、器用でもないので恋愛にも
縁がなく、30くらいで親の勧めるまま見合いして結婚。親の望み通り実家近くの団地に住み、
好きでもない子供をもうけ、家族のためにひたすら働くという今と対照的な人生が見えてきます。

ただ、うちの親は離婚したので、待望の孫に恵まれたお爺さん、おばあさんという構図は
そちらの方から崩れています。もし親の望み通り動いても幸せにはならなかった。
だいたい幸せな家庭のモデルケースを知らない男が、惚れてもいない女性とそれを築けるわけない。

やっぱり人生を賭けるような冒険心っていうのは大切なんだなと思います。
せっかく人間のそれも比較的裕福な現代の日本に生まれたのですから。

にほんブログ村 建築・建築物

« 横浜国大建築学科同期会 | トップページ | MCZvsKISS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/59196945

この記事へのトラックバック一覧です: 人生における賭け:

« 横浜国大建築学科同期会 | トップページ | MCZvsKISS »