« 山サイの後始末 | トップページ | 足爪ようやく »

2015年4月 6日 (月)

月島デート

ふくろうカフェに行きたいねと連れ合いと話していて、なかなか具体化しなかったのですが、Photo_r0012469
月島でもんじゃ焼きと組み合わせ、という案が出てとんとんと進みました。

ふくろうカフェは都内だけでも何軒もありますが、月島の店は元祖らしい。
秋葉原にもありますが1500円は高いなあと候補から外したのですが、当日月島に行ってみると
なんとワンドリンク1000−1200円から2000円に値上げしてました。ドリンク、土産込みですが。

仕方なく2人分4000円前払い。12時オープンで1時間前から予約受付ということだったので
10:45くらいに店に着くともう受付していて12時の回は満席で1時の回を予約。

その間にもんじゃ焼きを食べに行こうと思ったのですが、こっちの開店時間は11時半。
時間が空いたので近くのモスに入り、デザートと紅茶を頼んだりしていました。

もんじゃ焼きの店は老舗とされる近どう本店。10分くらい前に着くとここにも既に行列が。
幸い店内へは開店とともに通され、オススメのものと明太子、チーズ、餅入ったもの2玉に
ドリンクとクーポンでもらえるあんこのデザートを頼みます。

もんじゃ焼きは連れ合いと来たっけ?と首をひねるくらい久しぶりで、作り方もわからず
最初の玉ではお店の人につくっていただきました。オススメの方は肉、海老、イカなどが
入っていました。ちょっと薄味で物足りないかも。

が、もうひとつの方は自分らで焼きましたが美味しかった。具材に味がついているのがポイント。
デザートはあんこをクレープのようなもので巻いたもの。もちもちして美味しかった。
店外にはさらに行列が追加されていたので、そそくさと店を後にします。

ふくろうカフェのフクロウのみせに着くと1時の回の客が並んでいます。中国人や西欧人など
外国人観光客も多い。店に入るとまずドリンクをオーダーして注意事項が幾つか。
フクロウの移動は店の人がします。大きい鳥のエリアとそれ以外のスペースは分ける。

写真撮影はOKですが動画やフラッシュはNG。フクロウを触る時は頭をなでる。他の部位はNG。
ときたま糞をするので注意。フクロウをとまらせる時は腕は水平に等など。
で、1時間のほとんどがふれあいタイムで特にイベント等はありません。

触れ合って感じたのは猫と似ている。ふわふわ感や透き通った瞳などがそうですが、
マイペースであまり言うことを聞いてくれないという点でも共通してる。
以前に預かったことのあるオカメインコはベタベタしてきて犬っぽかったですが。

もうあれだけフクロウと触れ合う機会というのもないんだろうな。狭い店内で
かなりの密度でした。あれじゃフクロウにもストレスになるのではなかろうか。
幼鳥から人間の手で育てているので嫌がりはしませんが。

ちなみにドリンクは最後に慌てて飲むという感じでいまいち。お土産はふくろうグッズですが
人気のあるものはじゃんけんに。ぼくは2回も負けて結局小さなストラップをもらいました。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 山サイの後始末 | トップページ | 足爪ようやく »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/59534595

この記事へのトラックバック一覧です: 月島デート:

« 山サイの後始末 | トップページ | 足爪ようやく »