« 法人休眠化完了 | トップページ | フィジークツンドラ2トータルレビュー »

2015年5月15日 (金)

22世紀

このままだと◯◯年にはこうなってしまいます!という感じの将来予測が出たとき、
その時もう死んでるかもじゃんという歳になりました。
実際ぼくはどこまで見届けられるだろうか、調べてみました。

・2020年:東京オリンピック(55歳)
・2022年:京王線連続立体交差事業完了(57歳)
・2025年:露による火星有人探査計画(60歳)
・2026年:サグラダ・ファミリア竣工(61歳)
・2027年:名古屋までリニア新幹線開通(62歳)
・2031年:札幌まで北海道新幹線開通(66歳)
・2035年:関東地方で皆既日食観測(70歳)

こんなものですか。さほど楽しみなものはなかったりします。
意外だったのは東名−関越をつなぐ外郭環状線2の竣工が未定なこと。
マッカーサー道路も山の手通り地下トンネルもあっけなくできたのに。

2100年は22世紀です。今のところ期待も憧れもありませんが。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 法人休眠化完了 | トップページ | フィジークツンドラ2トータルレビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/59993257

この記事へのトラックバック一覧です: 22世紀:

« 法人休眠化完了 | トップページ | フィジークツンドラ2トータルレビュー »