« MTBシューズvsクリート付トレッキングシューズ | トップページ | 発掘 »

2015年6月20日 (土)

落車減

山サイでの落車は減ってきていると思います。R0012854

大概の場合は前輪が原因で、突っかかったり滑ったりして起きるケースがほとんど。

減った要因はまずはテクニック。ルートを慎重に選ぶようになった。

特に道を横断するように伸びた根っこは要注意。そしてハンドルを3本指でしっかり

握るようにした。多少前輪が取られたくらいではバランスは崩れない。

もうひとつはステムの交換。短いものに替えることで危険な場面で前輪加重を

ゼロにするくらい腰が引けるようになった。また強行突破する場合でも、

前輪の車軸を支点に前方に放り出される可能性が少なくなった。

この状態で那須岳から三斗小屋温泉までリベンジしようと思います。

写真は大峠を両手フリーで自転車担ぐシミュレーション。こっちのほうが不安だ。

にほんブログ村 MTB

« MTBシューズvsクリート付トレッキングシューズ | トップページ | 発掘 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/60438421

この記事へのトラックバック一覧です: 落車減:

« MTBシューズvsクリート付トレッキングシューズ | トップページ | 発掘 »